日本の音楽家を知るシリーズに、シンセ界の巨匠冨田勲さんが登場

日本が誇る音楽家をわかりやすく紹介するシリーズに、昨年お亡くなりになったシンセ冨田勲さんが登場です。

本日発売。

「新日本紀行」「きょうの料理」をはじめ手塚アニメ「ジャングル大帝」、NHK大河ドラマ曲などを多数手がけ、晩年は「イーハトーヴ交響曲」「ドクター・コッペリウス」で初音ミクとのコラボに挑んだ、シンセサイザーのパイオニアでもあり「世界のトミタ」と呼ばれた――冨田勲。

冨田勲さんがどのような人物で、どのような功績を残したかを一般の方にもわかるように解説してあるとのこと。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。