【PR】打ち込み臭くならない、生のドラムをテーマにしたドラム音源、DOVA-SYNDROME「JP Extremely Ordinary Drums」がリリース

twitterでお世話になっている、もっぴーさうんどさん(@moppysound)が共同開発しているデベロッパーDOVA-SYNDROMEより「JP Extremely Ordinary Drums」がリリースされました。

バンドテイストのロック・ポップス楽曲制作を想定し開発されていることもあって、非常に汎用性の高いドラム音源となっています。

ドラム音源って、リアルだけど好みが別れたり、結構偏ってる音が多かったりしますよね。JP Extremely Ordinary Drumsは、楽曲に馴染みやすいリアルなドラム音源なので、幅広いジャンルに使いやすいと思います。

開発テーマのひとつに「PCに負荷を与えない軽量設計」があるように、容量も150MBとストレージにも優しく、動作も軽いのが嬉しい。

現在AD2、BFD3、SD2.0、SSD4、GMマップのキー配列でも使えるように対応中とのことで、次回アップデートで実装される予定。これは非常に助かります。既存曲の音の差し替えも容易に出来るという。

KONTAKT専用となっております。

価格は通常5,000円ですが、現在オープニングセールということで4,000円にて購入可能です。(9月末までの期間限定)

更に詳しい情報・購入はこちらから↓

JP Extremely Ordinary Drums KONTAKT版 【DOVA-SYNDROME SOUND PRODUCTS】JP Extremely Ordinary Drums KONTAKT版 【DOVA-SYNDROME SOUND PRODUCTS】

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。