高岡兼時氏著「Cubase Pro 9ではじめるDTM&曲作り」が発売

「Cubase Pro 9ではじめるDTM&曲作り」ビギナーが中級者になるまで使える操作ガイド+楽曲制作テクニック(高岡 兼時氏著)がリリース。

高岡さんはCubaseで始めるDTM&曲作りも書かれている方です。全編カラーなので見やすいんですよね。

kenji takaoka ? 作編曲家「高岡兼時」のオフィシャルサイト。 都内複数箇所でボイストレーニング教室、DTM教室、レコーディングスタジオを運営しています。kenji takaoka ? 作編曲家「高岡兼時」のオフィシャルサイト。 都内複数箇所でボイストレーニング教室、DTM教室、レコーディングスタジオを運営しています。

Cubaseを長く使っている方でも、新機能だったり、あらたなTipsを得られるかもしれません。

DTMビギナーの皆さん、そしてCubaseビギナーの皆さんのための「Cubase Pro 9」ガイドブックです。「基礎編」では作曲に必要な音符やリズム、そしてコードの基礎知識、作曲やアレンジ、ミックスといった音楽制作の工程など、初歩からじっくり解説していきます。操作ガイド部分はオーディオ録音やMIDI打ち込みといったベーシックな使い方はもちろん、Cubaseならではのサンプラートラックやコードトラック、コードパッド、アレンジャートラック、AudioWarp、ヒットポイントなどの使い方をわかりやすく紹介しました。さらに「実践編」では簡単なデモ曲から、バンド系、EDM系、ボカロ系まで、4つの曲でサウンド・メイキングのアイディアやノウハウを紹介しています。プロジェクト・ファイルもダウンロードで入手できるので、実際に使いながら学べるCubase入門の決定版です!

11月24日発売で現在予約受付中です。

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。