アップロード時のエンコードによる音質劣化を検出するソフトアプリケーション、Mastering The Mix「Expose」がリリース

Mastering The Mixより、Youtube、Apple Music、Spotify等にアップロードした際の、エンコードによる音質劣化を検出するソフトアプリケーション「Expose」がリリースされました。

問題のある部分を検出してくれる便利ソフトです。アップロード後の音質変化に悩んでる人にオススメ。

まずはトラックをロードします。

 

次にプリセットを選択。

 

4つのセクション(ラウドネス・ピーク・ステレオ/位相・ダイナミックレンジ)で問題点を分析します。

問題点が赤色に変わります。4つのセクションのアイコンも問題がある場合は赤色になります。

各セクションごとの問題点を絞り込みます。

絞り込んだ部分を再生できます。スペースバーで連続再生を再生/停止できます。

このように、セクションごとにピンポイントで問題点を検出するので、あとはDAWにて修正作業を行います。

デモも試せるので、まずは体験してみてはどうでしょうか。

イントロ価格で通常£29のところ、£9となっています。

購入はこちらから

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。