【PR】リファレンスマイクロフォン、Manley Laboratories「Reference Silver Mic」リリース

リファレンスマイクロフォン、Manley Laboratories「Reference Silver Mic」がリリースされました。

〇Reference Silver Micの製品概要

Manley Reference Silver Micは、1950年代の伝説のマイクロフォン SONYC-37A からインスピレーションを受けた Manley Labs の新しいリファレンスマイクロフォンです。

C-37AのC-3カプセルを基にしたデビッド・ジョセフソン(Josephson Engineering社代表)設計によるハンドメイド純米国産カプセルとManley Labs社が設計した回路によって構成されるこのマイクの魅力は、何といってもそのウォームでリッチなトーンにあります。

Reference Silver Micはヘッドバスケット背面のスイッチをキーで回すことで、カーディオイド(単一指向性)とオムニ(無指向性)の間の連続可変ができます(リニアではありません)。また、“マイクグレード”の真空管「5670」 とManley IRONトランス、低ノイズのスイッチング電源といった強力な装備により、スタジオワークで素晴らしいパフォーマンスを実現してくれます。

女性ボーカル、サックス、ドラムのオーバーヘッドからバンジョーに至るまで、Reference Silver Micがソースのキャラクターを的確に捉えます。リボンマイクの替わりのチョイスとしても自信を持ってお勧めします。

○Reference Silver Micの主な特長と仕様
・コンデンサーマイクロフォン
・ビンテージSONY C-37Aマイクをベースにした、Josephson Engineering社供給の
米国産ハンドメイドカプセル
・シングルサイドタイプの1インチラージダイアフラムカプセル
・5ミクロン厚、金蒸着ダイアフラム
・指向性:カーディオイド(単一指向性)~オムニ(無指向性)*
・バックプレートに指向性切替ヴェントを搭載
・ローパスフィルタースイッチ: -3dB @ 55Hz
・5670真空管採用の内部ヘッドアンプ
・ハンドワインド、ニッケルコア仕様の“Manley Iron”出力トランスフォーマー
・カスタム設計された専用電源ユニット
・専用ショックマウント(サスペンション:Manley X-Cradle)付属
・本革カプセルプロテクター付属
*指向性の調整は必ず電源を切り、全てのケーブルを抜いた状態で行ってください。

周波数特性:10Hz ~ 30kHz、AMP to 60kHz
最大SPL:150dB
感度:7mV/Pa
増幅回路:2ステージの三極菅ゲインブロック、ローインピーダンス出力
チューブ:5670×1
出力タイプ:トランスカップリング
出力端子:バランスXLR(3番ホット)
出力インピーダンス:200Ω
歪率(THD+N):0.05%以下、帯域幅 22Hz~22kHz(1kΩ負荷、1kHz/-40dBV出力)
ノイズ:-108dBV (A Weighted)
マイク筐体:シルバーにエッチング処理されたアノダイズドアルミニウム
マイク寸法/重量:約114.3×114.3×246.4mm/約680g
電源ユニット寸法/重量:約127×86.4×208.3mm/約680g
動作電圧:90V~250V
消費電力:15W

購入はこちらから↓

MANLEY REFERENCE SILVER (真空管コンデンサーマイク)

フックアップのサイトはこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。