【500シリーズ】プライマリーソースエンハンサー、Rupert Neve Designs「Portico 545」リリース

プライマリーソースエンハンサー、Rupert Neve Designs「Portico 545」リリースです。

■Portico 545 プライマリーソースエンハンサーの製品概要
数多くのツアー、アリーナ、教会、そして放送現場などで高く評価されてきたPortico 5045 の回路をベースとする Portico 545 は、ボーカルや楽器に最適な500シリーズモジュールフォーマットのモノラルデバイスです。従来の「ノイズゲート」といくつかの特徴を共有してはいますが、動作原理は異なります。

共通点としては、入力信号がない時にゲインを低減させるというところです。具体的にいうと、ユーザーが設定した任意のスレッショルドを信号レベルが下回った後にアッテネートが始まります。つまりPortico 545がマイクへの入力を感知すれば信号が通り、入力がなくなったと感知した場合には適切にゲインを下げてフィードバックが起こる要素を抑えます。

ソースの音質に悪影響を与えることなくフィードバックを抑えながら、ライブマイクの信号レベルを事実上最大20dB稼ぐことができます。最小限のノブとスイッチ、そしてシンプルなレイアウトによって操作も直感的に行えるこの Portico 545によって、誰でもがフィードバックや残響が問題となる場面で非常に有用なツールとなるでしょう。

RockoNにて価格をチェック⇒RUPERT NEVE DESIGNS Portico 545

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。