音質と低負荷を実現したサンプラープラグイン、New Sonic Arts「Nuance 2.0」がリリース

音の良さと使いやすさ・軽さを両立させたサンプラー「Nuance」がV2.0にバージョンアップです。

Nuanceのコアエンジンは128ボイス、32bit、トゥルーステレオのサンプル再生によって形成されています。最先端技術と制限のないパラメーターグループによって、最高品位のインストゥルメント構築を実現します。SSEに完全最適化されたNuanceは最小のメモリー消費を実現します。このことで、軽量かつ扱いやすいサンプラープラグインとして、DAW上に数多く追加してもストレスなく扱えます。

つまり音の良さと軽さ・使いやすさを両立させたサンプラーということですね。マルチサンプルに適したインストゥルメントからドラムまでカバーできるサンプラーなんですね。

新機能紹介動画。

使い方解説動画。

通常12,960円のところ、8,900円となっています。

購入はこちらから

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。