妥協のない音質をテーマに制作されたリニアフェイズEQ、Crave DSP「Crave EQ」をリリース

Crave DSPから「Crave EQ」がリリースされました。某人気EQとすごい似てますね。

精密なアナログモデリングと、自由なリニアフェイズ処理を特徴としています。

CPU負荷は非常に軽いとのこと。

【2018年7月23日追記】
V1.2 にアップデートです。自動ゲイン補正、入力ゲインなどを搭載しました。

価格は$69。

Windowsのみ対応でしたが、V1.1でMacOSにも対応となっています。

購入はこちらから

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。