【DAW】Steinberg「Cubase 10」リリース!Groove Agent SE 5やサイドチェーンの簡略化など新機能強化!

Steinberg「Cubase 10」リリースです。

ついに待望のCubase10が発売されました。

上記の新機能紹介ビデオを見るとわかりますが、先日リリースされたSteinbergの最新ドラム音源「Groove Agent 5」の廉価版「Groove Agent SE 5」が搭載されています。そして数回のクリックでサイドチェーンを設定できる機能なども搭載さているようですね。

VariAudioも3にバージョンアップ、オーディオアライメント機能など新機能ももりだくさん。

ミキシングが大幅機能強化

チャンネルストリップや、搭載エフェクトプラグインのGUIが変更になっているなど、見た目がかなり変わってますね。

Proのみですが、MixConsole Snapshotsが搭載。ミックスのスナップショットを複数保存して呼び出し、比較がすぐできる優れもの。EQ設定のみを呼び出すなどが可能。これは優れものです。

とまぁかなりの改変が行われているCubase 10。

新規ユーザーは56,100円となっています。Cubase Pro 9.5からのアップグレードは10,800円です。

他社DAWからの乗り換えもお得になっています→Steinberg Cubase Pro 10 クロスグレード版

※申込書の提出が必要になります。

■クロスグレード対象製品
Ableton Live / Apple Logic / Avid Pro Tools / Avid Sibelius / Image-Line FL Studio /
makemusic Finale / MOTU Digital Performer / PreSonus Studio One / Propellerhead Reason / TASCAM Sonar
※ Intro / Lite / First / Fruty Edition/ Artist / Prime / Essentials / LEその他 FreeBundle版は対象外※

Cubase Pro 10の購入はこちら→Steinberg Cubase Pro 10

Cubase Artist 10の購入はこちら→Steinberg Cubase Artist 10

Cubase Elements 10の購入はこちら→Steinberg Cubase Elements 10

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。