トラックごとのスペクトル比較が可能なアナライザー、Voxengo「SPAN Plus」が30%OFF!

トラックごとのスペクトル比較が可能なアナライザー、Voxengo「SPAN Plus」が30%OFFとなっています。

「SPAN Plus」

例えばキックトラックとベースに挿して、スペクトルを比較するなどが容易です。

視認性の良さ、多機能なのが良いですね。CPU負荷もほぼ無いと言って良いほど。

参考記事:Voxengo SPAN PLUSレビュー

  • リアルタイムのスペクトルのインポート/エクスポート
  • PNGファイルのエクスポート
  • 静的なスペクトル表示
  • アウトプットシグナルの電力統計
  • スペクトルの平滑化
  • ユーザーインターフェイスウィンドウのサイズ変更
  • トゥルーピークとクリッピング統計
  • 相関メーター
  • EBU R128 LUFS/LUメータリング
  • Kシステムメータリング(非加重)
  • ステレオとマルチチャンネル解析
  • mid/side分析
  • 内部チャンネルルーティング
  • チャンネルグループ化
  • プリセットマネージャ
  • 元に戻す/やり直しの履歴
  • A/B比較
  • 文脈に応じたヒントメッセージ
  • すべてのサンプルレートがサポートしています。
  • ユーザーインターフェースのカラースキーム
  • サイズ変更可能なユーザーインターフェース
  • RetinaとHighDPIをサポート

通常4,700円のところ、3,300円となっています。

購入はこちら

その他にもVoxengoのプラグインがセール中です→Voxengoセール一覧

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。