114種類のリバーブモデルを搭載したプラグイン、D16 Group「Spacerek」リリース!イントロプライスセール中!

114種類のリバーブモデルを搭載したプラグイン、D16 Group「Spacerek」リリースです。イントロプライスセール中となっています。

Spacerek

Spacerekの心臓部であるハイブリッドアルゴリズムは、モデル化された仮想空間とダイナミックなディレイネットワークを融合させ、非常にリアルな初期反射、濃密でカラフルな後期反射、そして個別に調整可能なERとLRのプリディレイタイムを持つリバーブテールを生成します。

数十種類のエミュレートされたルーム・タイプは、ホール、タワー、チェンバー、トンネルなどを再現し、それぞれに様々なステレオ・マイクとスピーカー・セットアップがプリセットされています。

また、Spacerekの3チャンネル・ミキサーはダイレクト・シグナル、アーリー・リフレクション、レイト・リフレクションのバランスを容易にし、音楽性の高いTilt EQとLow Cutフィルター・モジュールは、全体のテールを簡単にシェイプします。

また、各リバーブ・モデルは左右またはミッドサイド・ステレオ用に設定されているので、幅や空間の調整も簡単です。

Spacerekはシステムを圧迫することもなく、実際、そのCPUへの使い勝手の良さに感動することでしょう。

  • アーリー・リフレクション用のVirtual Space Reverbシミュレーションとレイト・リフレクション用のダイナミック・ディレイ・ネットワークを組み合わせたハイブリッド・ルーム・リバーブ・アルゴリズム
  • 114種類のリバーブ・モデル、複数のマイクとスピーカーを使用した数十種類のルーム・タイプに対応
  • ダイレクトシグナル / アーリーリフレクション / レイトリフレクション ミキサー
  • 各チャンネルの音量調整
  • 各チャンネルのバランス・コントロール、L-RまたはM-Sのステレオ・モードはリバーブ・モデルによって決定されます。
  • アーリーおよびレイトリフレクションのための独立したプリディレイコントロール
  • チルトEQ
  • ローカット・フィルターは、ミッドとサイドのステレオ・コンポーネントに対して独立して作動
  • 64bit内部処理
  • タグベースのプリセットブラウザ
  • サイズ変更可能なGUI
  • コントローラのアサインを容易にするためのMIDI学習

通常8,900円のところ、6,800円となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。