Loopcloudがブラックフライデーオファー開催!3ヶ月間の「Loopcloud」を約400円で使用でき、Loopmasters「Bass Master」(通常9,300円相当)が無償提供!

Loopcloudがブラックフライデーオファー開催です。

3ヶ月間の「Loopcloud」を約400円で使用でき、Loopmasters「Bass Master」(通常9,300円相当)が無償提供されるという、Loopcloudの過去最高のプロモーションとなっております。

Loopcloudブラックフライデーオファー

Loopcloudには、ヴィンテージ・シンセ、ドラム・マシン、ギター、アカペラやあなたが望む全てのインストゥルメントが収録されています。

最高のスタジオ環境で愛情を込めて録音されているので、お気に入りのトラックと同じくらい熱いサウンドが揃えてあります。

有名アーティストのサウンド?これ以上のトップアーティストのコンテンツは他にありません。お使いのDAWと同期できる唯一のサービスなので、お持ちのトラックと一緒にライブラリ全体のサウンドをプレビューすることができます。

※11月18日より提供開始 (開始が時差により若干遅れますので必ず料金をご確認下さい)

BLACK FRIDAYオファー

  • 3ヶ月間のLoopcloud Aritstのサブスクリプション 約400円
  • Loopmasters Bass Master Pluginが無料でついてくる
  • 1 GB Loopcloud サンプルパック
  • 400万サウンドへのアクセス
  • 最高のDAWインテグレーション
  • 月間サウンドに使う100ポイント
  • Loopcloud DRUM と PLAY プラグイン
  • アイデアを拡張する8つのループエディター
  • サウンドプロセッシング用に搭載されたFXラック

Loopcloud

Loopcloudの最大のメリットはLoopmastersで購入した大容量ライブラリは全てクラウド上に保管されます。 必要な分だけダウンロードして使用出来るのが最高です。

ストレージ圧迫の心配もありません。 クラウド上に格納されているので、あらゆるデバイスからコレクション全てにアクセスが可能なのも便利です。 いくら増えても安心というわけです。

さらに、手持ちのサンプルも同様に管理が可能なので全てのライブラリを一元管理可能。

参考記事:Loopcloud 5レビュー【無料・最強サンプル管理ソフト

繁にアップデートされ、進化し続ける楽曲制作の強力なパートナーとなるサービスです。

BassMaster(通常9,300円相当)無償提供

ある程度シンセがわかる人であればマニュアルは不要です。1画面にすべてが収まっていて一目瞭然、視認性は大変良いですね。

複雑な音作りをするというより、シンプルに直感的操作で様々なベース音色を作れるように設計されています。 どちらかというと優等生な音なので、変態的な音もある程度は実現可能ですが、使いやすい音色を求めるほうが良いかと思います。

プリセットは350種類以上を用意。様々な種類の使いやすい音色が多いです。近い音色を探し、調整していくと最短で目的の音色にたどり着けます。

左側にメインオシレーターとサブオシレーターがあり、組み合わせて音色を作っていきます。 波形は217種類用意されていて、それぞれ波形の組み合わせはほぼ50,000通りとのこと。負荷もそれほど高くないので、サブベースを足す目的などでも重宝します。

フィルタータイプは13種類、エフェクターはDistortion、Chorus、Reverbの3種類。厳選された必要最低限なものを揃えている印象です。

音の傾向は、ソリッドでEDMや電子音楽向け。アナログ風味はあまり感じません。音は明るく、粒立ちも良いし、現代的です。

プロデューサーTim Cantの動画です。

参考記事:ベース専用音源の選び方について考えてみた[Trilian、MODOBASS、Bass Master]

とにかく手早くシンセベースの音が欲しい、でもサンプルではなく調整もしたい、そんな方にピッタリの音源です。

登録はこちらから

期間限定のオファーとなっているのでこの機会をお見逃しなく。

Loopcloudブラックフライデーオファーの詳細はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。