モダンシネマティック・ブラスサウンドライブラリ、Heavyocity「FORZO Modern Brass」が50%OFF!

モダンシネマティック・ブラスサウンドライブラリ、Heavyocity「FORZO Modern Brass」が50%OFFとなっています。

FORZO Modern Brass

ジョン・ウィリアムズからハンス・ジマーまで、オーケストラの金管楽器は、現代の映画のスコアリングにおいて、力強さと迫力の源となっています。HeavyocityのFORZO: Modern Brassはそのイメージで作られています。

伝説的なSkywalker Soundで録音されたFORZOは、Heavyocityのワールドクラスのサウンドデザインチームが、受賞歴のある作曲家Jason Gravesと、ハリウッド映画のスコアエンジニアであるSatoshi Mark Noguchiと協力して制作。

このドリームチームは、オーケストラ・ブラスの新しいベンチマークを作るという一つの目標を持って、スカイウォーカーの神聖なホールに入りました。

FORZOの12本のフレンチホルン、4本のトランペット、8本のトロンボーン(テナー、バス、コントラバス)、2本のチューバは、25GBの圧倒的なブラスパワーを映画音楽の作曲家の手に届けることができました。クラスター・ベンドやランダム・フラッターなどのクリエイティブなアーティキュレーションは、これまでにない方法でこれらのセクションの筋肉を鍛えることができます。

そして、この爆発的な金管楽器の力を最大限に引き出したい場合、FORZOのFull Ensemble NKIを使えば、26人編成の金管楽器オーケストラ全体(同じ部屋で同時に演奏)を指先で操作できます。ブラスを聴いたことはあっても、これほどとは思わないでしょう。FORZO:Modern Brassは、まさに普通ではないのです。

作曲家がプレミアレベルのサウンドを手に入れるにはどこに行けばいいのでしょうか?それは、世界的に有名なサウンドステージに行くことです。

スカイウォーカー・サウンドのメイン・サウンドステージはまさにそれです。ここでは、クリント・マンセル監督の「The Fountain」のような最先端の映画や、ジェイソン・グレイブス監督の「Dead Space 2」やスティーブ・ジャブロンスキー監督の「Gears of War」のようなクラシックゲームのスコアが録音されました。これがFORZOです。

ハリウッドの名作映画のスコアリングが行われた部屋で演奏する名人たちの音です。この壮大なサウンドステージは、それ自体が生きている楽器のようなもので、プラグインやアルゴリズムでは再現できない有機的な暖かさでブラスを包み込みます。Heavyocityのチームは、この象徴的な部屋で録音するために国中を旅し、そして今、あなたとこの感動的なサウンドを共有しています。

kontakt Player(無料)に対応しています。

通常59,900円のところ、29,900円となっています。

購入はこちら

Heavyocityは現在サマーセールを開催中で、多数の高品質製品が最大75%OFFとなっています。

Heavyocityサマーセール2021一覧

関連セール:音に迫力を出すマルチエフェクター、Heavyocity「PUNISH」が75%OFF!

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。