スペクトル・アクティブ・ゾーンに配置された音階や音符に基づいて音をわかりやすく表現する、IrcamLAB「The Snail」が38%OFF!

スペクトル・アクティブ・ゾーンに配置された音階や音符に基づいて音をわかりやすく表現する、IrcamLAB「The Snail」が38%OFFとなっています。

The Snail

Snailは、非常に高精度な周波数ドメイン・アナライザーで、スペクトル・アクティブ・ゾーンに配置された音階や音符に基づいて、音をわかりやすく表現します。

極めて正確な方法で楽器のチューニングと分析を行い、イントネーションを表示し、音楽と音を視覚化する新しい方法を提供し、誰もがリスニングとイントネーションを向上させることができるのです

1秒間に24コマ動くフィルムカメラが、1秒間に24回転する自転車の車輪を撮影すると、スポークは止まっているように見えます。つまり、440Hzの同調基準に対して439Hzの周波数をフーリエ解析した場合、復調された位相は1Hz回転することになります(ストロボスコープの同期が少しずれただけで、回転しているものがゆっくりとした動きになるように)。オーディオ信号の「鼓動」は、周波数が微妙に異なる2つの音が干渉していると考えればいいだろう。

フーリエ型解析による一般的なスペクトラムアナライザーに比べ、復調された位相に基づく処理によって周波数精度が向上している。このシステムは、IRCAM-CNRS-UPMCの音楽・音響科学技術研究所で考案された最新の特許技術に基づいています。

通常$79のところ、$49となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。