1176FETコンプレッサーブリティッシュモードをエミュレートした、Pulsar Audio「Smasher」が61%OFF!

1176FETコンプレッサーブリティッシュモードをエミュレートした、Pulsar Audio「Smasher」が61%OFFとなっています。

Pulsar Audio「Smasher」

1176コンプレッサーの「ブリティッシュモード」(RATIO4つのボタン全部押し)をモデルにした極端なコンプレッサーです。

参考記事:PULSAR Smasherレビュー

トポロジー保存技術

Pulsar独自のモデリング技術により、オリジナルの1176の動作を完全にエミュレートします。インダクタの磁束のサチュレーションから、トランジスタの正確な応答、微小な校正効果に至るまで、すべてが完璧に再現されています。

低CPU消費量

Pulsarは、Smasherの最適化に何年もの歳月を費やし、複雑なサウンドの結果を維持しつつ、システム・リソースを可能な限り少なく消費するようにしました。Smasherは、最新のCPUをフルに活用して、より少ないリソースでより多くのことを行うだけでなく、最大384kHzのオーバーサンプリングも可能にしています。

パラレルコンプレッション

Smasher の Mix ノブでは、元の未処理のシグナルをブレンドすることができます。つまり、トランジェントを極端なコンプレッションで潰し、処理された信号をほんの少しだけ戻すことで、ダイナミックなクオリティを損なうことなく、サウンドにサスティーンを加えることができます。

リンクされたサイドチェーン

ステレオバスでは、チャンネルは通常、ダイナミクスをよりスムーズにコントロールするために独立して圧縮されますが、オーディオをより残酷にコンプレッションする場合、ステレオイメージを安定させることが不可欠です。そのため、Smasher はステレオトラックを処理するために単一の検出器を使用しています。

低CPU使用率向けに最適化されています。

通常5,300円のところ、2,000円となっています。

購入はこちら

Pulsar Audioではサマーセールを開催中です。合わせてチェックしてみてください。

Pulsar Audioサマーセール

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。