コンプレッション、エキスパンジョン、ゲート処理まで対応する、最高の1バンド・ダイナミック・イコライザ、Waves「Abbey Road RS124 Compressor」が86%OFF!

コンプレッション、エキスパンジョン、ゲート処理まで対応する、最高の1バンド・ダイナミック・イコライザ、Waves「Abbey Road RS124 Compressor」が86%OFFとなっています。

Abbey Road RS124 Compressor

シルクのように滑らかなAbbey Road RS124のコンプレッションサウンドをあなたの音楽に。まさに、アビー・ロード・スタジオで行われた、ビートルズの全てのレコーディングで聴けるトーンを。

2つの異なる「フレーバー」を選択できるこのクラシックな真空管モデルコンプレッサープラグインは、アビー・ロード・スタジオが承認した貴重なRS124をエミュレートしています。

RS124ほど、音楽の歴史を定義してきた機材はありません。特注のRS124コンプレッサーは60年代のアビー・ロード・スタジオのエンジニアの奥義でした。

Geoff Emerickはパンチの効いたベースサウンドを、Ken Scottは豊かなギターサウンドを、Norman Smithはリズムバス全体を軽く接着するために使用しました。

RS124はアビー・ロード・スタジオのカッティング・ルームでのマスタリングにもよく使われていました。

RS124のサウンドは、”Rain “や “Come Together “などのビートルズの名曲から生み出された、厚みのあるクリーミーな低音で特に有名です。

アビー・ロード・スタジオのエンジニアはRS124の入力を15-20dBのゲインリダクションに深く押し込み、多くの音源で驚くほど豊かな結果を生み出しています。

そして現在、グラミー賞を受賞したポップ/R&Bやヒップホップのエンジニア、トニー・マセラティ氏は、ビヨンセやアリシア・キーズなどのボーカル・トラックに一貫してRS124のトーンを適用し、素晴らしい声質を磨いています。

実はRS124の実機は、アメリカのアルテック436Bコンプレッサーをアビー・ロード・スタジオで大規模に改造したものです。

25台しか製造されなかったと言われており、それぞれの名機はアビー・ロード・スタジオ/EMIの伝説的技術者であるBill Livey氏、Len Page氏、Mike Bachelor氏の手により生み出されました。

当然のことながら、どのRS124ユニットも全く同じ音ではありません。使用する部品をいじっているため、それぞれの音の質やアタック/リリースの時間が異なっています。

その結果、トラッキングに適したユニットもあれば、バスコンプレッションやディスクのカッティング/マスタリングに適したユニットもありました。

そのため、Waves Abbey Roadプラグインは、オリジナルのハードウェアをモデルにした2つの異なるRS124の「フレーバー」を用意しました。

  • アビー・ロード・スタジオの貴重なRS124チューブコンプレッサーを精密にモデリング
  • ボーカル、ベース、ドラム、バス・コンプレッション、マスタリングのためのシルキー・スムース・トーン
  • アビー・ロード・スタジオと共同開発
  • アビー・ロード・スタジオで録音されたビートルズのすべてのレコーディングで使用されています。
  • クラシック・レコーディングに最適なクリーミーなコンプレッション・トーン。ポール・マッカートニーのベースからビヨンセのボーカルまで。
  • 2種類の特徴的なRS124チューブのフレーバーを収録。”「Studio」と「Cutter」を収録
  • スーパーヒューズモードを追加し、よりアグレッシブな結果を実現

通常26,290円のところ、3,630円となっています。

Waves Abbey Road RS124 Compressor

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。