OPLを再現したFM音源シンセサイザー、discoDSP「OPL」が33%OFF!

OPLを再現したFM音源シンセサイザー、discoDSP「OPL」が33%OFFとなっています。

discoDSP「OPL」

OPLは、1980年代半ばにヤマハが開発したデジタルサウンド合成チップです。

Ad Libカードや初期のSound Blasterシリーズなど、PC用サウンドカードに採用されていました。

このインストゥルメントは、エミュレートされた OPL サウンドチップを提供します。OPL2のすべての機能と、OPL3の一部の機能を備えています。

エミュレータには2つのオシレータからなるチャンネルがあります。各ペアのオシレーターは、通常、位相変調(基本的には周波数変調)によって結合されます。

各オシレーターは、8つの波形((sine, half-sine, absolute sine, quarter sine, alternating sine, camel sine, square, logarithmic sawtooth)のうちの1つを作り出すことができ、その振幅をコントロールするADSRエンベロープを備えており、珍しい波形が特徴的なサウンドを生み出しています。

プラグインの各インスタンスは、OPLチップ全体をエミュレートしていますが、このプラグインでは、基本的にはキャリアとモジュレータの2つのオペレータを操作するだけです。

価格は$49のところ、$32.83となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。