【11/15まで】Eventide H910をモデルにしたピッチシフタープラグイン、Audio Damage「Discord4」が50%OFF!

Eventide H910をモデルにしたピッチシフタープラグイン、Audio Damage「Discord4」が50%OFFとなっています。

Discord 4

Discord4は、当社の最も人気の高いロングライフ製品であるステレオ・ピッチシフター「Discord」の最新バージョンです。

元々はH910をモデルにしたDiscordは、長い間、独自のエフェクトとしてスタジオの定番となっていましたが、今回のバージョンでは、その能力をさらに伸ばすための大きな追加が行われています。

このピッチシフターは、3つの独立したアルゴリズムで構成されています。「ヴィンテージ」モード(Eventide H910とH949をモデルにしたオリジナルのDiscordアルゴリズム)、よりモダンなシフトサウンドのための「クリーン」モード、そして実験的なエフェクトのための「グラニュラー」モードです。

それぞれのモードには入力素材に応じた強みがあり、Discord3は幅広い機能を備えています。P1とP2のアルゴリズムは、シフトエフェクトのバッファ(ウィンドウ)サイズを自在にコントロールでき、入力信号に合わせてシフトを微調整したり、見知らぬサウンドエフェクトをかけたりすることができます。6オクターブのシフト範囲の極端なところでは、本当に奇妙なエイリアシングやアーティファクトが発生します。

前バージョンのテンポ同期ディレイとバンドパス・フィルターのペアを継承し、フィードバック・ループにリバーブを追加しています(「シマー」エフェクトへのアクセスが容易になりました)。

また、オリジナルのモジュレーション・ソースを、全く新しいFLFO(Flexible LFO)デザインに置き換えました。ウェット信号のステレオ幅をコントロールするPanoramaコントロールも搭載しています。最後に、信号経路全体にソフトなサチュレーションとリミッターを追加・改良し、全体的なサウンドの向上とビンテージ風の温かみを加え、DAWのチャンネルをオーバーロードする恐れなく、極端なフィードバック実験ができるようにしました。

  • ピッチシフト: 異なるスタイルのピッチシフト用の3つの個別のアルゴリズム(ビンテージ、クリーン、グラニュラー)を備えたシフター
  • バッファサイズコントロール: P1(ビンテージ)およびP2(クリーン)アルゴリズムには、ピッチシフト効果を微調整するための32〜2048サンプルのバッファサイズコントロール
  • ディレイ:フィードバック、クロスフィードバック、洗練されたバンドパスフィルターを備えたテンポシンクまたはフリーランニングディレイ
  • リバーブ:シンプルなステレオリバーブがフィードバックパスに追加され、「きらめく」効果とさらなるサウンド探索が可能
  • 変調:テンポ同期と任意波形を備えた2つの新しいFLFO(柔軟な低周波オシレーター)。3つのコントロールのみを使用して、ほぼ無限の数の変調形状が可能
  • 真のステレオ操作: Discord4には真のステレオ信号パスがあり、両側を完全に独立して制御し、ステレオ幅のパノラマ設定で仕上げる
  • MIDIノートコントロール: 6オクターブのピッチシフトはMIDIノート入力で制御
  • 新しいGUI:ベクターベースのサイズ変更可能なユーザーインターフェイス
  • プリセット:クロスプラットフォームのXMLベースのプリセットマネージャー

通常5,500円のところ、2,700円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。