Goodhertzが、全製品30%OFFとなるブラックフライデーセールを開催!

Goodhertzが、全製品30%OFFとなるブラックフライデーセールを開催です。

GOODHERTZ

GOODHERTZは、“Simple Interfaces&Good Audio”をモットーにプロデューサー/エンジニア/ミュージシャン皆に愛されることができるプラグインを製作しているアメリカのデベロッパーです。

Vulfpeckと共同開発しており、VulfpeckはマスターコンプにVulf Compressorを使用。

参考記事:サウンドに「温かみ」「やわらかさ」を与えるアナログライクなプラグインデベロッパー【Goodhertz】

Vulf Compressor

Vulfpeckと共同開発した究極のコンプレッサーです。

「コンプレッサーとは、音楽をミックスするうえでの『塩』の役割をします。ミックスエンジニアにとっては究極のツールなのです。そしてこのVulf Compressorは、塩の中でも料理界で注目されている『上品なヒマラヤピンクソルト」だと言えます。このコンプだけで曲の方向性を変えることすら可能です。これは『一芸に秀でている』と言っても良いでしょう。このコンプを私達のバンドは曲全体にかけて明瞭なサウンドを目指しましたが、各々のトラックにかけても素晴らしい効果が得られるはずです。このプラグインを通じて、私達のバンドを知るきっかけになったとしたらとても嬉しいです。このコンプが業界のサウンドメイキングの流れを変えないのなら、私たちは売ったりお勧めしたりしない、それくらいの信念を持っています。」

通常15,950円のところ、11,165円となっています。

購入はこちら

Lossy

2014年6月、Goodhertzのプロデューサーであり友人でもあるTyler Duncanは、あるドラムフィルを2001年のようなサウンドにしたい、つまりKaZaAからリッピングした低ビットレートのデジタルmp3のようにしたいと言い出しました。

私たちはすぐに彼を理解しました。2つ目の記録フォーマットの黎明期から、人類は前の記録フォーマットの美的不完全さを切望してきました。

“ビットクラッシャーでいいかな?” Tylerは8bitを意識していたわけではありません。56kモデムでストリーミングした音楽、CD-Rからリッピングしたmp3、携帯電話でストリーミングした軽快なジャズ音楽、2007年にアップロードされたYouTube動画など、ロッシーなデジタルオーディオを求めていたのだ。デジタルオーディオを劣化させて、圧縮された音の真髄をリアルタイムにシミュレートできるプラグインがあったらどうだろう?

そこで、私たちはLossyを作りました。重圧縮されたオーディオのアーティファクトを、高度に調整可能なリアルタイムプラグインで実現したのです。

通常6,300円のところ、4,410円となっています。

購入はこちら

その他の製品、話題になったプラグインの「Panpot」や、バンドルなどもセール対象です。めったにセールをしないデベロッパーなので是非チェックしてみてください。

GOODHERTZブラックフライデーセール一覧

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。