4ウェイ 7″インチ アクティブモニター、EVE Audio「SC407」が35%OFF!

4ウェイ 7″インチ アクティブモニター、EVE Audio「SC407」が35%OFFとなっています。

SC407

スタジオのメインスピーカーとして、正確さとパワーを両立させたモデルをお探しなら、EVE AudioのSC4シリーズが最適です。

SC407とSC408は、非常にパワフルなアンプを各ドライバーに装備しています。大型のウーファーはクロスオーバーまでの周波数帯域を正確に再生し、ミッドレンジのウーファーが次の帯域を再生します。EVEの4ウェイのスピーカーは、すべて左右対称で、ウーファーはそれぞれが違う帯域を再生するのではなく、低域を最大限正確に再生するために、同じ帯域を2つのウーファーを使って再生しています。

その結果、低域を非常にリニアなレスポンスで再生することが可能になり、スタジオのコントロール・ルームに全体にパワフルな低域を伝えます。

中央にあるスタイリッシュなグレーのプレートには、ミッドレンジのウーファーとAMTツイーターが装着されています。このプレートは、スピーカーを縦にも横にも設置できるように、90°回転させることができます。

コンポーネントから独自設計

SC407は私たちの4ウェイシステムでは小型のモデルですが、小さすぎるという訳ではありません。1.5インチのボイスコイルで駆動される6.5インチの「シルバーコーン」ウーファーは2つが同時に駆動し、非常に低い35Hzから、クロスオーバーの280Hzまでを再生します。

4インチの中域ユニットは、低域のドライバーとリニアに駆動し、クリアで正確なミッドレンジを実現しています。低域用のウーファーとミッドレンジ・ユニットには、独自設計のハニカム構造の素材をグラスファイバーでコーティングした「シルバーコーン」を採用しており、驚くべき細やかさでクリアに中高域を再生します。 同じく独自設計のAMT3(Ribbon System 3)ツイーターには、大型のマグネットが使用され、事実上ディストーションを発生させることなく、高出力レベルを実現しています。

各ドライバーはそれぞれにPWMアンプを装備し、それぞれのチャンネルがショートタームで180Wの出力を持っています。116dB(SPL@1m)の最大出力レベルがあれば、どんな音量での再生を想定したソースでも、必ずミックスを正確に判断できるでしょう。

正確でパワフルな低域、非常に明瞭なミッドレンジ、クリスタルのようにクリアな高域を一つのユニットにまとめたSC407は、クオリティーと安定したパワーでの出力が最も重要視される、中型から大型のコントロール・ルームでの使用を前提にチューニングされています。 SC407は他のEVE Audioのスピーカーと同様、バランスXLR入力とアンバランスRCA入力の両方を背面パネルに装備しています。

通常382,800円のところ、250,000円となっています。※1本の価格です。

SC407 4-Way, 7″ Active Speaker 箱ダメージ品

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。