【4/20まで】NI公式サイトにて進化を続ける最先端のソフトウェアシンセサイザー、Arturia「Pigments 3.5」が50%OFF!

NI公式サイトにて進化を続ける最先端のソフトウェアシンセサイザー、Arturia「Pigments 3.5」が50%OFFとなっています。

Pigments 3.5

Pigments 3は、最先端のソフトウェア・インストゥルメントで、あらゆる色合いのシンセシスの力を与えてくれます。

カラフルなサウンド・エンジン、楽々としたモジュレーション、プロフェッショナルなユーティリティー、スタジオ・グレードのFXで、サウンドの無限のスペクトルを探求してください。

VSTインストゥルメントの水準を引き上げ、プレミアムハードウェアシンセやプラグインの能力を超え、あなたの最もワイルドな音のファンタジーをフルカラーで実現します。

これまでに聴いたことのないような複雑なパッチを、簡単に構築、アニメーション化、カスタマイズ、洗練することができます。

参考記事:ヴァーチャルアナログとウェーブテーブルエンジンを融合させた新世代シンセ、Arturia「Pigments」レビュー

  • サウンドエンジン:4つのサウンドエンジンのうち、任意の2つを組み合わせて、自分だけの音色を作ることができます。
  • ユーティリティ・エンジン:オシレーターと最大2レイヤーのサンプル・ノイズを追加し、サウンドに深みを与えます。
  • デュアルフィルター:10種類のフィルター・タイプから2種類を選択し、高度なルーティングが可能
  • プロフェッショナルFX:ヴィンテージから最先端まで、18種類の魅力的なFXアルゴリズムを搭載
  • 大規模なモジュレーション:クリック&ドラッグするだけで、あらゆるものにモジュレーションをかけることができます。
  • パワフルなシーケンス:高度なランダム化、スケール・クオンタイズ、ポリリズムを使ったシーケンスとアルペジエート
  • 使いやすいインターフェイス:リアルタイムで視覚的なフィードバックが得られるカラーコード化された3パネルデザイン
  • プリセットライブラリ:エリートサウンドデザイナーとプロデューサーによって作られた、あらゆるジャンルを網羅する1200のプリセット

Pigments 3.5 の新機能は?

新機能、機能強化、何百もの新しいプリセットを超えて、Pigments 3.5はその部品の合計を超えます。これらは、アグレッシブと陶酔が出会い、不吉と優雅が出会う、サウンドスペクトルのモダンエッジにおける前例のない位置づけです。

  • CrossMod – Engines 1 & 2間のクロスモジュレーションにより、ユニークなサウンドビヘイビアと複雑な音色を作り出すことができます。
  • Distortion Module – 16種類の多彩なディストーション・アルゴリズムが1つのコンポーネントに収められています。
  • Expanded Comb Filter – 従来のフィルター動作を超えた多用途のサウンドデザインツール。
    強化されたサンプルエンジンブラウザ – Pigmentsのサンプルエンジンで正しいサンプルを見つけ、ライブラリを整理することがこれまで以上に簡単になりました。ブラウザはサブフォルダに拡張され、クリックするだけですべてのサンプルをプレビューできるようになりました。
  • Apple M1 Compatibility – Pigments 3.5はAppleの次世代M1プロセッサをネイティブサポートし、最新のmacOSマシンでのスムーズで完璧なパフォーマンスを保証するようにアップグレードされています。
  • 合理化されたUI/UX – Pigments 3.5は、サウンドデザインプロセスを合理化するために、多くの微妙な再設計とワークフローの改善が施されています。メニューの調整とナビゲーションの簡素化により、Pigments 3.5はより簡単に、より速く、より信頼性の高いものとなっています。
  • 新しいウェーブテーブル – Pigments 3.5では、分子構造、鉱物のテクスチャ、アグレッシブなモダンな音色からインスピレーションを得た数多くの新しいウェーブテーブルを導入し、今日のエレクトロニックミュージックプロデューサーにこれまで以上に広がりのあるパレットを提供しています。
  • 新しいファクトリー・プリセット – Pigments 3.5では、社内サウンドデザイナーとワールドクラスのプロデューサーによって作られた150の新しいパッチが導入され、CrossMod、Comb Filter、新しいウェーブテーブルなどの新機能の大きな可能性を探求しています。

通常26,800円のところ、13,400円となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。