多目的に使える新しいボーカル・プロダクションツール、Antares「AUTO-TUNE EFX+」が50%OFF!

多目的に使える新しいボーカル・プロダクションツール、Antares「AUTO-TUNE EFX+」が50%OFFとなっています。

AUTO-TUNE EFX+

Auto-Tuneは、20年に渡り業界標準のピッチ補正ツールとして多くのレコーディングで使用され、現代のポピュラー音楽の特徴的なボーカル効果を生み出すツールとして選ばれてきました。

Auto-Tune EFX+は、「Auto-Tune」の基本機能に加え、パワフルなマルチエフェクトラック「Auto-EFX」、ピッチシフト・メロディックパターン・ジェネレーター「Auto-Motion」を搭載した、汎用性の高い新しいボーカル制作ツールです。

プロフェッショナルな品質のAuto-Tuneピッチ補正とローレイテンシー処理を搭載し、ステージやスタジオでのリアルタイムのパフォーマンスを可能にします。

3つの機能

Auto-Tune EFX+には、「Auto-Tune」の基本機能、パワフルなマルチエフェクト・ラック「Auto-EFX」、ピッチシフト・メロディックパターン・ジェネレーター「Auto-Motion」の、大きく3つの機能が搭載されています。

■Auto-Tune:ピッチ補正とAuto-Tuneエフェクト

Auto-Tune EFX+には、プロフェッショナルな品質の「Auto-Tune」ピッチ補正機能が搭載されており、フォルマント補正と低レイテンシー処理により、リアルタイムなパフォーマンスを実現します。

また、「Retune Speed」と「Humanize」のパラメーターを調整することで、透明感のあるピッチ補正からAuto-Tuneエフェクトまで、トラックに合わせて効果を微調整することができます。

更に、「Auto-Key」(別売り)に対応しているので、チューニング前に楽曲のキーを探す手間が省けます。キーと音階を検出し、ワンクリックでAuto-Tune EFX+に情報を送信します。

■Auto-EFX:マルチエフェクト・ラック

新しいマルチエフェクト・ラック「Auto-EFX」は、微妙な強調効果から極端なボーカルの変異や変形まで、可能性を広げるものです。6種類の「エフェクト・モジュール」、「マルチエフェクト・パッチ」のライブラリー、リアルタイムにパラメーターをコントロールできる「XYパッド」を搭載しています。

  • Pitch and Throat:ピッチとフォルマントをリアルタイムにシフト
  • Duet:ピッチとタイミングを調整してリアルなダブリング
  • Vocode:ヴィンテージ・アナログ・ボコーダーのエミューレーション
  • Tube Amp:アナログチューブ・ディストーション・モデリング
  • Mutate:リングモジュレーテッド・オーディオ・ミューテーション
  • Filter:EQと特殊効果のためのハイパス・フィルター

■Auto-Motion:メロディック・パターン・ジェネレーター

メロディック・パターン・ジェネレーター「Auto-Motion」は、オリジナルのボーカルやインストゥルメンタル・トラックを自動的にピッチシフトさせて、新しいメロディック・パターンやフックを作成することができます。

「Auto-Motion」には、プロジェクトのキーとテンポに合わせてインテリジェントに適応するメロディック・パターンの豊富なライブラリーが用意されています。また、「Hard」「Soft」「Legato」の3種類のパターン・スタイルを選択することができます。

中央のパターン・ブラウザーでは、各パターンがピアノロールに表示されるので、パターン・ライブラリーを参照して、探しているメロディの形をすぐに見つけることができます。

また、「Auto-Motion」には3種類のトリガー・モードが用意され、手動でパターンをトリガーしたり、オン・オフを切り替えたり、音程を検出して自動的にトリガーすることができます。

通常33,000円のところ、16,500円となっています。

購入はこちら(ディリゲント)

購入はこちら(PluginBoutique)

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。