様々な用途に対応する4種類のプリセットスタイルを搭載した、Solid State Logic「SSL X-Limit Limiter」リリース!

様々な用途に対応する4種類のプリセットスタイルを搭載した、Solid State Logic「SSL X-Limit Limiter」リリースです。

SSL X-Limit Limiter

SSL X-Limitは、クリッピングの心配なくトラックやバスのラウドネスを増加させるための使いやすく視覚的なリミッターです。

非常に透明なものからカラーやグルーまで複数のセット特性、標準に準拠した正確な処理のためのトゥルー・ピーク・アルゴリズム、信号のステレオイメージに対するリミッターが与える影響についての有用なフィードバックなどが特徴です。

オールインワンの左から右への波形表示により、入力信号に対してリミッターのスレッショルドと上限を設定し、ピークをキャッチしながらラウドネスを増加させるためにゲインを調整することができます。

X-LimitにはTransparent、Glue、Punch、Autoの4つのプリセットスタイルがあり、状況に応じて異なる特性を実現するためにフードの下で弾道が調整されるようになっています。ドラムバスを叩くならPunchモード、ボーカルやアコースティックギターにはピークを捉えるTransparentモード、サブグループには統一感のあるサウンドを実現するGlueモードで使用します。オートモードは、信号のトランジェントコンテンツに応じて時定数を調整する、セット&フォーゲットオプションを提供します。

また、SteeringメーターとDuckingメーターは、リミッティングプロセスが信号のステレオイメージに与える影響を示し、Channel Linkコントロールを使用してステレオの劣化を最小限に抑えるためのフィードバックを提供します。

さらに、X-Limitは、ゲインロック、I/O差オーディション、ゲインマッチ、ミックスコントロールなど、ワークフローを強化する機能を備えており、特にX-Limitを使ってピークをキャッチしてコントロールするのではなく、パンチとキャラクターを追加する場合に、オリジナル信号をダイヤルで戻します。

  • トランスペアレント、グルー、パンチ、オートの4つのリミッター特性から選択可能。
  • True Peakモードでは、SSLのTrue Peakアルゴリズムが使用され、インテリジェントなオーバーサンプリングによりサンプル間のピークが効果的に制限されます。
  • オールインワンのビジュアライザーとスレッショルド/シーリングスライダーにより、入力される信号レベルに対して簡単にパラメータを設定することができます。
  • トゥルーピークモードでは、信号が最大レベルを超えないようにシーリングを設定します。
  • Thresholdコントロールを引き下げることで、リミッターが作動するタイミングをコントロールできます。
  • Auto styleは、信号のトランジェントコンテンツに基づいてリミッターの弾道特性を自動的に調整します。
  • オートリリースはリリース時間をオーバーライドし、トランジェントピークでは自動的に短く、サスティーンサウンドでは長くします。
  • フェードイン・ルックヘッド・アルゴリズムにより、トランジェントをスムーズにキャッチします。
  • 正確なモーメンタリ値と最大トゥルーピーク値を表示
  • マスターバスで使用すると、ミックスにラウドネスを透過的に追加できます。
  • チャンネルリンクはステレオまたは独立した左右のリミッターをブレンドします。
  • ITU-R B.S.1770 と Apple ‘afclip’ True Peak 検出規格に準拠。
  • SteeringとDuckingメーターでステレオの劣化を最小化
  • ゲインマッチ機能により、信号レベルの上昇による音響心理的な影響を受けずにリミッターの効果をプレビューすることができます。
  • ゲインロックにより、適用されたゲインを維持し、異なるプリセットやスタイルをソース素材に素早くデモすることが可能
  • ピークを捉えるのではなく、パンチやキャラクターを加えるためにリミッターを使用する場合、オリジナル信号をダイアルバックするためのMixコントロール

通常14,500円のところ、10,200円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。