【1/24まで】進化を遂げたグラニュラーシンセサイザー、Audio Damage「Quanta 2」が40%OFF!

進化を遂げたグラニュラーシンセサイザー、Audio Damage「Quanta 2」が40%OFFとなっています。

Quanta 2

新しいユーザーインターフェース

ユーザーインターフェースを一新し、パネル化することで、わかりやすさと新しい操作性を実現しました。

モデュレーション・アサインメント

Audio DamageはマトリックスのモジュレーションアサインパネルをContinuaやPhosphor 3にあるような右クリックのコンテキストメニューに変更しました。

さらに、コントロールはモジュレーションを表示するインジケータを持つようになりました。

VAオシレーターの追加

Quanta 2は、オリジナルの1つのバーチャルアナログオシレータの代わりに、2つのバーチャルアナログオシレータを持っています。片方をサブベースに使ったり、両方をグレインエンジンに送ったり、片方をグラニュラライズしてもう片方をノーマルのままにしておいたり、あなたの好きなように使ってみてください。

ルートノートの検出と割り当て

Quanta 2 にサンプルをドロップするか、インポートダイアログでサンプルをロードすると、Quanta 2 はサンプ ルのルートノートを探そうとします。(これは明らかに、和音や音楽ループ全体よりも、レガートな単音に対してより効果的です。) インポート後、ルートノートを調整することができます。インポート後、ルートノートを好みに応じて調整することができます。

グレインピッチのクオンタイズ

オプションで、グレインピッチを特定の音に限定することができます。このクオンタイズはポストモジュレーションなので、グレインチューニングに適用されるランダム化またはモジュレーションは、選択したスケールにクオンタイズされます。チューニングテーブルやMTS-ESPのチューニングを尊重したクオンタイズが可能です。

エフェクト

Audio Damageのスタジオエフェクトからコーラス、ステレオデュアルディレイ、リバーブが追加されました。

新しいモデュレーション機能

エンベロープジェネレーターとLFOが大幅に改良されました。FEGには振幅とタイムスケールノブが追加され、FLFOには振幅制御、切り替え可能なバイポーラ出力、FLFO 1が再起動するたびにFLFO 2がリセットされるシンクスイッチが追加されました。さらに、モジュレーションパネルに4つのマクロノブが追加され、これらはグローバルMIDI CCの割り当てを受けることができるので、プリセットの作者が選んだものに関係なく、好きなMIDIコントローラーからマクロをコントロールすることができるようになりました。

Quanta 1 プリセットのロード

Quanta 2は、Quanta 1のすべてのプリセットと、彼らが依頼したリリース後のすべてのパック、そしてRed Means RecordingとRed Sky Lullabyの新しいプリセットパック、そして自社で作成したプリセットパックを含んでいます。さらに、Quanta 2はQuanta 1のために作成されたプリセットを読み込むことができます。Quanta 1で作成したプリセットは、Quanta 2のプリセットユーザーフォルダにフォルダをドラッグするだけで、Quanta 2に表示され、すぐに使用することができます。

通常18,100円のところ、10,600円となっています。

購入はこちら

「音」に関わるすべての方に。音楽制作に役立つ製品を在庫一緒大放出!! 今年は第一弾としてスタッフが厳選した製品を大放出いたしまします。スタジオデスク、アウトボード、ソフトウェア、などなど…このチャンスをお見逃しなく。 このチャンスは全製品在庫限りです。

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。