【11/29まで】80年代のキーボード「PSS」シリーズをもとに作られたFMシンセ音源、 PLOGUE「CHIPSYNTH PortaFM」が50%OFF!

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。

80年代のキーボード「PSS」シリーズをもとに作られたFMシンセ音源、 PLOGUE「CHIPSYNTH PortaFM」が50%OFFとなっています。

往年のゲーム機&シンセサイザーを完璧にエミュレートした「chipsynth」シリーズが全品50%OFFとなるサイバーマンデーセールを開催中です。

chipsynthサイバーマンデーセール

CHIPSYNTH PortaFM

『CHIPSYNTH PortaFM』は、PSS-140、PSS-270ミニ・キーボード、SHS-10キーターなどの80年代後半の「PSS」シリーズからインスパイアを得て制作されたユニークな2オシレーターのFMシンセです。

家庭用パソコンでは、サウンドカードの代表格である「AdLib」や「Sound Blaster」が同系統のチップを使用してパソコンに「声」を与え、90年代にはDOSゲームのサウンドの核として採用されました。

これらのシンセサイザーに搭載されている音源をそのままに、より高い処理能力で制御・変調し、手軽なバーチャル・インストゥルメントの形で提供する新しいシンセサイザーをデザインしました。

PortaFMは、メインシンセエンジンとして正確にエミュレートされたFMチップコアのペアを使用しており、OPLL(YM2413)、OPL2(YM3812)、OPK2(YM7129)の間で切り替えが可能です。またもう1つのコアはドラムサウンド専用で、これらはすべてクリエイティブにレイヤーできます。

OPLL、OPL2、OPK2チップの持つ独特の「ローファイ」な質感は、これまでここまで正確に再現されたことはありませんでした。PLOGUE社は15年以上にわたってヴィンテージ・デジタル・サウンド・ジェネレーターを研究してきた経験を活かし、その限界に挑みました。モントリオールのリバース・エンジニアリング・チームにより、ハードウェア支援による体系的なテスト手順を経て新しい数学的モデルとして構築されました。

もちろん、これらのサウンドを実現するのにサンプルは一切使用していません。

価格は4,800円のところ、2,400円となっています。

購入はこちら

往年のゲーム機&シンセサイザーを完璧にエミュレートした「chipsynth」シリーズが全品50%OFFとなるサイバーマンデーセールを開催中です。

chipsynthサイバーマンデーセール

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。