【1/22夕方まで】Roland Space Echo RE-201をエミュレートしたテープエコープラグイン、Black Rooster Audio「TD-201」が61%OFF!

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。

Roland Space Echo RE-201をエミュレートしたテープエコープラグイン、Black Rooster Audio「TD-201」が61%OFFとなっています。

TD-201

TD-201ヴィンテージ・テープ・エコー・プラグインは、クラシックなアナログ・ディレイの紛れもないサウンドを21世紀にもたらします。この直感的なユニットは、多彩で詳細なパラメーターを提供し、高度なカスタマイズが可能でありながらシンプルな操作性を実現しています。

音楽制作における1950年代の革命の一環として、ミュージシャン、プロデューサー、エンジニアは、ギターアンプからエレクトリック・オルガン、そして驚くほど多くのスタジオ・エフェクトに至るまで、数え切れないほどの技術革新を導入し、現代のワークフローの基礎を作り上げることに奔走しました。この時期はまた、電気残響&ディレイ・ユニットの誕生期でもあった。

エコー・ジェネレーターの最初の試みであるEchoplexやCopicatのような初期のテープ・ディレイは、技術的に信頼性が低く、運搬時に破損しやすいという歴史がありますが、そのサウンドは非常に魅力的であったため、さらなる試みが必然的に続きました。

日本人エンジニアの掛橋郁太郎とハモンドがマルチヘッド・テープ・エコーの実験を始めたのは、1960年代後半のことだった。そのうちのひとつは、フリーフローティングの1/4インチ・テープ&スプリング・リバーブを頑丈なテープ・チャンバーに収めたもので、ツアーにも対応でき、当時市販されていたどの製品よりも安定性と信頼性に優れていた。

Roland Space Echo RE-201は、ブランドのベストセラーとなった。さらに、今日でも音楽制作やサウンド・デザインで幅広く使用されているディレイ・エフェクトへと進化しました。有名なディレイ・サウンドは、RE-201が誕生して以来、一貫しています。

多くのテープ・ディレイ愛好家にとって、RE-201のようなディレイ・サウンドは他にはありません。

通常7,900円のところ、3,000円となっています。

購入はこちら