【1/7夕方まで】トラックをインテリジェントに自動的にEQ処理する、Wavesfactory「Equalizer」が40%OFF!

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。

トラックをインテリジェントに自動的にEQ処理する、Wavesfactory「Equalizer」が40%OFFとなっています。

Equalizer

Equalizerは、トラックをインテリジェントに自動的にEQ処理するオーディオプラグインです。文字通りの意味でのイコライザーであり、すべてを等しくしようとします。

入力された信号を32の帯域に分割することで動作する。各バンドごとにゲインを計算し、目標とする音量を決定します。これに基づいて、Equalizerは各帯域のゲインをブーストまたはカットのいずれかに独立して調整し、希望の目標音量を達成します。効果的に、すべての周波数が同じ音量になります。

Equalizerはミキシング作業を大幅に効率化し、これまでにないスピードで高品質な結果をもたらします。Equalizerは、従来は大規模なオートメーションが必要だった作業を瞬時に実行し、時間を大幅に節約します。さらに、CPU消費を最小限に抑え、効率的なパフォーマンスを実現します。

全てをコントロール

ノブ1つで操作できるプラグインであっても、Equalizerには、プラグインを特定の要件に合わせてパーソナライズするための厳選されたツールセットが付属しています。

これらの機能には、ミッド/サイド・プロセッシング、ブライトネスを直接コントロールできるチルト・ノブ、アタックとリリースのパラメーター、デルタ信号の試聴が可能なカットとブーストの個別コントロール、オートゲイン機能付きのミックス・コントロールと出力ゲインなどがあります。

素晴らしい結果をより速く

イコライザーは、デジタルのハーシュネスを除去し、退屈なレコーディングを活気づけ、不要なレゾナンスを取り除き、常に全体のバランスを保ちます。

トラックやミックスのバランスを難なく整え、すべての要素のサウンドのまとまりを確保します。最終的には、サウンドをまったく新しいレベルに引き上げ、オーディオ制作のクオリティを向上させます。

イコライザーは、多すぎる部分を補い、必要な部分を追加します。簡単に言えば、イコライザーです。

もうひとつ

Equalizerは、各バンドに適用される処理量をカスタマイズできる、広範なレベルのコントロールを提供します。

スペクトルを直接描画して、希望の効果レベルを決定します。現在の設定を維持したり、特定のバンドを選択的に無効にしたり、逆に処理を増幅して希望のサウンドを実現するオプションもあります。

  • 強化されたワークフロー・・・イコライザーは使いやすく設計されています。お好みでノブ1つで操作できます。
  • ゼロ・レイテンシー・・・処理は時間領域で行われます。レイテンシーは全く必要ありません。ライブでの使用に最適です。
  • サイズ変更可能・・・他のプラグインと同様、右下を伸ばすことでウィンドウのサイズを変更できます。
  • Ratina対応・・・このプラグインは画像を一切使用せず、すべてソフトウェアによってその場で描画されます。すべてのグラフィックは鮮明で、アニメーションもスムーズです。
  • Apple Silicon・・・AAXを含むApple M1、M2チップでネイティブに動作します。
  • 自動アップデータ・・・プラグインはアップデートがあることを警告し、プラグイン内から自動的にアップデートすることができます。アップデートを見逃すことはありません。
  • プリセットシステム・・・ファクトリープリセットの幅広いコレクション。保存、名前を付けて保存、削除機能で簡単に独自のプリセットを作成できます。
  • ミックスとアウトプット・・・イコライザーにはグローバルミックスとアウトプットボリュームのパラメーターが含まれています!

通常15,500円のところ、9,200円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。