【2/5夕方まで】マスタリングの問題を解決するオールインワンバンドル、Mastering The Mix「Mastering Essentials Bundle」が78%OFF!

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。

マスタリングの問題を解決するオールインワンバンドル、Mastering The Mix「Mastering Essentials Bundle」が78%OFFとなっています。

Mastering Essentials Bundle

EXPOSE 2は、その名の通り、オーディオの技術的な問題を明らかにし、オーディオ・クオリティ・コントロールのための自己完結型の強力なツールで、問題の解決をサポートします。

LIMITERはフル機能を備えたスマート・リミッター・プラグインで、まずオーディオを分析し、次に品質を損なうことなく可能な限り最高のラウドネス出力を確保するための設定を提案します。

LEVELSは、ストリーミング、クラブ、YouTubeなどのためのプリセットを内蔵しており、あなたのミックスがどこで再生されても、可能な限り良いサウンドになるように、マスターに送る前に最終的なミックスダウンの潜在的な問題を特定するのに役立ちます。

期間限定で入手可能なこれらの必須マスタリングツールを今すぐプラグインに追加して、Mastering The Mixのオーディオの達人たちによるこの素晴らしいマスタリングバンドルを見逃してはいけません。

EXPOSE 2

EXPOSE 2は、音楽の問題点を特定するためのオーディオ品質管理アプリケーションです。

多くのトラックは、EQバランスの悪さ、トゥルーピーク・クリッピング、オーバーコンプレッション、位相の問題などを抱えたまま配布されています。Mastering the Mixは、これらの問題を手遅れになる前に発見したいと考えています。EXPOSE 2があれば、最高のリスニング・エクスペリエンスを提供し、自信を持って音楽をリリースすることができます。

EXPOSEはあなたの音楽制作をどのように変えるでしょうか?

  • 概要:あなたの音楽をEXPOSEにドロップすると、世界に向けてリリースする前に、技術的な問題を特定することができます。
  • 問題の解決:多くのトラックは、EQバランスの悪さ、トゥルーピーククリッピング、オーバーコンプレッション、位相の問題などを抱えたまま配信されています。手遅れになる前に、3秒でEXPOSEでこれらの問題を特定することができます。
  • はじめに:EXPOSEを開き(スタンドアローンアプリなので、DAWは必要ありません)、音楽をドラッグ&ドロップします。配信方法(ストリーミング、クラブ、CDなど)に応じてプリセットを選択します。分析結果のフィードバックでは、問題点を解決し、DAWでのリリースに向けて楽曲を最適化するための具体的な方法が示されます。
  • ハイライト1:超大音量のクラブマスターを目指している場合や、ストリーミングサイトでのサウンドを最適化しようとしている場合など、技術的な目標を達成するのに役立ちます。
  • ハイライト2:楽曲の平均的なトーンバランスを、リファレンストラックやジャンル別のプリセットと比較して確認できます。これらはすべて、商業的に成功したトラックのサウンドプロファイルを使用して作成されています。

LIMITER

リミッターの設定が悪いと、せっかくのミキシング作業が台無しになってしまう……なんてことはありません。

LIMITERは、あなたのオーディオを分析し、あなたの音楽に最適な設定を提案する、素晴らしいサウンドのスマートなマスタリングプラグインです。手間をかけず、より短時間で素晴らしいサウンドのマスターを作成できます。

マスター・チャンネルにLIMITERのインスタンスをロードし、プリセットを選択します(例:Loud、Spotify、Apple Musicなど)。

トラックの最もラウドなセクションをモニターし、analyzeをクリックします。インプット・ゲイン・スライダーにターゲット・レンジが表示され、サウンドの目標を達成するために必要なゲイン調整値が示されます。

また、他のコントロールにもターゲット矢印が表示され、サウンドを最適化するのに役立ちます。

NRGスライダーで豊かなハーモニックディストーションを、PCHスライダーでトランジェントを強調することができます。これにより、知覚されるラウドネスとパンチが増し、リミッターの効果を軽減することができます。

LIMITERは、大音量でマスタリングしても、驚くほどの透明感とクリアさ(特にローエンド)を実現する素晴らしいサウンドのリミッターを提供します!

3つのステップで、素晴らしいサウンドのマスターを

  1. マスター・チャンネルにLIMITERをロードし、Loud、Spotify、Apple Musicなどのプリセットを選択します。
  2. トラックの最もラウドなセクションをモニターし、analyzeをクリックします。入力ゲイン・スライダーの目標範囲がハイライト表示され、音の目標を達成するためにどのようなゲイン調整が必要かが示されます。また、アタック、リリース、リンク、シーリング・ノブにもターゲット・アローが表示され、音楽に合わせてこれらの設定を最適化することができます。
  3. ハイライトされたターゲット範囲内にゲインスライダー¹を設定し、アタック²、リンク³、シーリング⁴ノブを調整して、LIMITERの分析に基づく提案に合わせます。最も音楽的な結果を得るために、’Release’をオートのままにしておくことをお勧めします。

違いを聴く

LIMITERは、他のリミッターと比較して、マスターの低域の透明度を劇的に向上させます。100Hzの正弦波を、市場をリードするリミッターと299ユーロのリミッターにかけたところ、Mastering The Mixのリミッターは高調波歪みをかなり少なくしていることが分かります。このテストでは、高調波歪みが20dBから40dB少なくなり、聴感上、よりクリーンなサウンドを実現しています。

LEVELS

知覚するラウドネスを分析する最も正確な方法とされる、EBU R128準拠のLUFSメーターを採用。

  • マスターがクリップしないように監視するTrue Peakメーターでヘッドルームを確保
  • ピークメーターは完璧な2MIXのために、-6dB以下を担保
  • ステレオの状態をベクトルスコープにより可視化
  • 位相問題を監視する相関メーター
  • 音楽がダイナミックであれば、緑色に輝いたりと視覚的に認知しやすい設計
  • チャンネルに不要な低域があるかどうかチェック
  • 40Hz、80Hz、120Hz、160Hzのレベルメーター

ミックスで確認するべき様々な項目をあらゆる角度から解析可能です。

購入はこちら

通常27,800円のところ、5,800円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。