【日本限定特典付き】多彩な音色が満載のオプトコンプレッサー、Plugin Alliance「Brainworx bx_opto」が89%OFF!

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。

多彩な音色が満載のオプトコンプレッサー、Plugin Alliance「Brainworx bx_opto」が89%OFFとなっています。

Plugin Allianceのセール対象製品を購入した方は下記の4製品(8万円以上相当)がすべてもらえます。

bx_opto

bx_optoはBrainworxがShadow Hills Mastering Compressor、elysia alpha compressor、Millennia TCL-2のような世界で最も愛されているコンプレッサーのオプティカル回路モデリングから学んだ最高のカラーリング、キャラクター、機能の一部を組み合わせて制作されました。

ハードウェア製品をソフトウェアで再現するのではなく、bx_optoは伝説的なアナログサーキットの側面と変則性を取り入れ、思わずハードウェアで購入したいと思うような”ソフトウェアコンプレッサー”を作り上げました。

従来オプトコンプレッサーは、異なる入力信号に対して異なる反応を示し、これはしばしば「プログラム依存」であると言われます。例えば、オプトコンプレッサーは、曲中の長い大音量のパートと静かなパートでの短い大音量のヒットとでは反応が異なります。オプトコンプレッサーの場合、すべてが絶えず、しかも耳に心地よく動いているのです。回路が持つ音楽的特性により、プロのエンジニアに何十年も愛用されています。

次世代型オプトコンプレッション

bx_optoは、その音楽性を提供するだけでなく、オプトコンプレッサーのフォトセルが光に反応する速度の変化をシミュレートする可変速度ノブによって、新しいサウンドの可能性を切り開くことができます。これにより、ハードウェアのオプトコンプレッサーでは実現できないようなトランジェントを形成するリリース時間をコントロールすることができます。

ほとんどのオプトコンプレッサーは、光依存のサイドチェーン回路異常によってもたらされる音楽的、プログラム依存的な”キャラクター”で評価されています。LDR(Light Dependent Resistor)に与えられた動作によって、一般的な圧縮のスピードが固められます。
しかし、ハードウェアのオプトコンプレッサーは、圧縮エンベロープをある程度コントロールできる別の抵抗回路を導入することによってのみ、ユーザーがこの特性を調整することができます。

Brainworxは、激しい実験と試聴の結果、LDR(Light Dependent Resistor)の速度をユーザーが調整することによって、圧縮エンベロープ自体を調整する方法を発見し、従来のハードウェア・オプトコンプレッサーでは再現不可能なサウンドキャラクターを作り出しました。

一度使えば、この赤い美女の虜になること間違いなしです。

通常35,200円のところ、3,801

購入はこちら

Plugin Allianceのセール対象製品を購入した方は下記の4製品(8万円以上相当)がすべてもらえます。