中国伝統の打弦楽器 “揚琴” 音源プラグイン、Three-Body Technology「Raindrop & Blade」リリース!

中国伝統の打弦楽器 “揚琴” 音源プラグイン、Three-Body Technology「Raindrop & Blade」リリースです。

弦楽器の一種で、梨の木から作った台形の木に、144本の弦を張ったものである。これを2本の竹のバチで叩くことによって音が出る。

出典:Wikipedia

一発でチャイナの感じが出せる音源ですね。音もかなりいい感じです。

分かりやすいインターフェイス

アーティキュレーションの割り当てられている鍵盤を抑えると吹き出しが出てくるのも分かりやすくてGoodです。

効きの良いエフェクター

エフェクターは、Compressor、EQ、Chorus、Ping Pong Delayが搭載。効きが良く分かりやすいエフェクターです。H7Sのテクノロジーが活きてますね。

コンボリューションリバーブも多数搭載

駐車場から万里の長城まで様々な環境をシミュレートできます。

ドラッグ&ドロップ可能なMIDIデータが豊富

めちゃ使えるし、面白いのが様々なMIDIデータも搭載されているところ。いい感じに演奏してくれるのでインスピレーション掻き立てられるし、曲のアクセントにもなります。プレイボタンをクリックしてから選択すると連続でプレビューしてくれるのも良いです。サクサク探せます。H7Sもそうなのですが、立ち上げる時は少々時間がかかる音源ですが、一度立ち上がってしまうとサックサク動きます。

もちろんドラッグアンドドロップできるのも嬉しい。ピアノロールで調整も可能です。これがあるので、揚琴の演奏知識がなくとも大丈夫です。ちゃんとそれっぽくできます。

44.1kHz/24bitで収録された6,208のサンプルで構成されており、必要なストレージ容量は2.9GBです。完全にオリジナルな高品質なサンプルエンジンを使用。

機能的で使っていて楽しい音源です。音も非常に粒立ちが良く、ドライで扱いやすい音なので、チャイナな雰囲気を出すことはもちろん、様々な楽曲にアクセントで使えそうです。

通常価格$179のところ、イントロプライスで$149となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。