定番シンセ、LennarDigital「Sylenth1」がv3.053にアップデート!

定番シンセ、LennarDigital「Sylenth1」がv3.053にアップデートです。

オシレータの音質向上や、レスポンスの改善、CPUパフォーマンスの最適化など、本質的な部分をしっかりパワーアップさせてくれているの部分に好感が持てます。見えるところでは、スキンの追加やRetinaディスプレイ対応など。かなり大幅なアップデートです。

Sylenth1 v3.053における変更点

  • オシレータ音質の向上(高周波成分の改善、エイリアシングの低減)
  • フィルターレスポンスと音質の改善
  • CPUパフォーマンスをさらに最適化
  • リアルタイムプレイバックとレンダリングモードのためのオーバーサンプリングオプションを追加
  • Arpeggiator Swingノブを追加
  • マスターチューニング周波数調整を追加
  • ピッチ精度が向上
  • Scott Kaneによる、Nitroスキンを追加
  • ボタンとオプションコントロールのホストオートメーションが改良
  • Linuxでの互換性の問題を修正
  • 32ビット版のハイメモリバグを修正
  • アップセット読み込みの問題を修正
  • MIDI学習オートスイッチ制御オプションを追加
  • FactoryBank6に156個の新しいプリセットを追加
  • Windowsでのオフラインインストールのバグを修正
  • Macでのスクリプトによるインストールの問題を修正
  • AAXバージョンのパラメータの強調表示を追加
  • Avidコントロールサーフェス用のAAXページテーブルを追加
  • Retinaディスプレイと完全互換
  • AmpEnv AとBパラメータをリンクするオプションを追加
  • すべてのパラメータと部品にロックオプションを追加

参考記事:僕がSylenth1を使う理由【ちょっとデモあり】

シンセランキングでも上位の常連です⇨好きなシンセサイザープラグインランキング2019【SynthSonic調べ】

既存ユーザーは無料でアップデートできます。

新規価格は€139となっています。もしくは月額€9.95で利用可能です。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。