【DTM教則本】「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ 音作り大全」がリリース

「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ 音作り大全」がリリースです。

各種音源方式の概要からエフェクターなどの説明まで、基礎知識から音色エディットまで幅広く網羅されています。

著者はキーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターでもある内藤朗氏です。

(概要)
DTMアプリ(DAW)で使用する音源「ソフトシンセ」。今やソフトシンセは,音楽の音源としてだけでなく,ゲームやムービーの効果音にも利用されており,すべてのメディア制作の現場でなくてはならない存在になっています。本書は,すべてのクリエーターに向けたソフトシンセの使いこなしガイドブックです。前半でソフトシンセの基本概念と使用方法を解説し,後半ではプリセットでは飽き足らない上級者に向けて,必要なサウンドを手にするための音色エディットのテクニックを目的別に解説しています。この1冊を読めば,多種多様なソフトシンセを自在に操れるようになります!

(こんな方におすすめ)
・ソフトシンセの音色エディットや音色チューニングの技を知りたい人
・アナログシンセやデジタルシンセの仕組みを知りたい人

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。