4種類のクリッピングモジュールを搭載した、LVC-Audio「Clipped-MAX」リリース

4種類のクリッピングモジュールを搭載した、LVC-Audio「Clipped-MAX」リリースです。

同社の「ClipShifter」をバージョンアップしたのが「Clipped-MAX」です。

SHIFTER、STEREO、M-BAND、MASTERといった4種類のモジュールを搭載しています。

M-BANDモジュールは、信号を2〜6の異なるEQバンドに分割して別々にクリッピングします。各バンドのクリッピング量とクリッピングアルゴリズムは別々で設定可能です。MASTERモジュールには、サンプル間ピークを監視および停止するためのサンプル間ピークオプションを含む、11の異なるクリッピングアルゴリズムが含まれています。

通常$50のところ、イントロプライスで$25となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。