名機JUPITER-8の血統を受け継ぎ、Juno-106、SH-101、XV-5080などを搭載したRoland「JUPITER-X」「JUPITER-Xm」発表!

Rolandから名機JUPITER-8の系譜を受け継ぐシンセサイザーJUPITER-Xシリーズが発表されました。

「JUPITER-X」シリーズはJuno-106・SH-101・XV-5080・RDピアノを搭載

JUPITER-Xシリーズの音源は、JUPITER-8、JUNO-106、SH-101、XV-5080やステージ・ピアノRDシリーズといったデジタル・シンセサイザーのサウンドまでをモデリング。さらに、TR-808、TR-909、CR-78など定番のドラム・マシンサウンドも搭載。

アナログモデリングと高品質PCMの組み合わせで現代におけるシンセサイザーのひとつの答えを導いた感じですね。Rolandファンにはたまらない仕様となっています。

JUPITER-X

JUPITER-Xは61鍵盤で、JUPITERシリーズらしくカラフルなボタンが搭載されています。JD-XAなと同じくピッチベンド/モジュレーションレバーに加えてホイールも搭載されています。

価格は250,000円前後を予定。

JUPITER-Xm

JUPITER-Xmはコンパクトな37鍵盤仕様で、電池駆動も可能という優れものです。なんと高音質の小型スピーカーまで内蔵しています。このクラスでは珍しいのではないでしょうか。もちろんサウンドエンジン・機能はJUPITER-Xと同じです。

価格は150,000円前後を予定です。

発売は2020年春の予定です。

Roland

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。