2つの信号を独立同時処理するダイナミックEQ、Masterlab Audio「DynaQ」リリース

2つの信号を独立同時処理するダイナミックEQ、Masterlab Audio「DynaQ」リリースです。

DynaQ

しきい値を上回る信号と、しきい値を下回る信号の処理を同時に独立してサポートする新しい発想のプラグインです。

特徴

  • 動的分割処理
  • 独立した5バンドEQが2基搭載
  • 独立したアナログスタイルサチュレーター2基搭載
  • 独立したステレオワイド2基
  • 最先端のアルゴリズム

 

録音のバランスを取り、信号をミックスに適合させたり、創造的なサウンドデザインを行うには、フィルタリングとサウンドシェーピングが不可欠です。しかし、信号の大きな部分に最適かもしれないものは、必ずしも静かな部分とその逆には適していません。ダイナミックEQはかなり前から存在しており、ダイナミック選択フィルタリングで素晴らしい仕事をしています。一方、ダイナミックEQは、特に処理の動的しきい値を上回ったり下回ったりする場合、理解するのが少し難しくなり、複雑なフィルターカーブを扱うことも困難です。したがって、動的な選択的処理に対するまったく新しい、しかし非常にシンプルなアプローチを発明しました。これにより、複雑なフィルタリングカーブを非常に高速に追加できるだけでなく、アナログスタイルのサチュレーションとステレオ拡張も可能になります。動的分割処理と呼びます。

価格は10,900円となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。