Marshallアンプをエミュレートした、Softube「Marshall Plexi Super Lead 1959」「Marshall Kerry King Signature」リリース!

Marshallアンプをエミュレートした、Softube「Marshall Plexi Super Lead 1959」「Marshall Kerry King Signature」リリースです。

Marshall Plexi Super Lead 1959

ギターアンプといえばMarshallという人も多いのではないでしょうか。UADプラグインとして人気でしたが、待望のネイティブバージョンでのリリースとなりました。

まさにギターアンプのレジェンドと呼ぶに相応しいPlexiですが、本プラグインの原型を制作する際には、Marshall自身が1967年の初期モデルを提供してモデリングしています。

  • 1967年に製造されたMershall独自のリファレンス、Plexi Super Lead 1959アンプの忠実なエミュレーションと、著名エンジニア/プロデューサーのTony Plattが記録した1960年製の正確なスピーカーキャビネットとの組み合わせ
  • ロンドンの有名なKore Studioで撮影されたトニープラットによるマイクの選択と配置
  • AC / DCエンジニアのTony Plattが設計した50以上の微調整済みプリセット
  • 3種類のマイクの組み合わせセットアップが利用可能(FET、Valve、Dynamic)
  • 3種類の独立したマイクセッティング可能(クローズ・マイク2種類、ルーム・マイク1種類)
  • 「チャンネルストリップ」には、各マイクのパン、ボリュームフェーダー、ソロに加えて、2つのバンド「メインアウト」EQが搭載

通常16,300円のところ、10,800円となっています。

購入はこちら

Marshall Kerry King Signature

アメリカのスラッシュメタルバンド、スレイヤーのギタリストであるKerry Kingが所有しているMarshallアンプのカスタムモデルをエミュレートしたものです。

  • Kerry Kingシグネチャーアンプ、Marshall 2203KK別名「The Beast」の忠実なエミュレーション
  • 2種類のマーシャルモード、2種類のスタジオセットアップ、1種類のライブステージセットアップで記録された4つのキャビネット
  • スタジオのセットアップ「Studio」と「Custom」は、ロサンゼルスのヘンソン・レコーディング・スタジオで有名なプロデューサーTerry Dateによって録音
  • 「Live」セットアップは、スウェーデンのストックホルムにあるHovet ArenaのChris Paccouによって記録
  • Kerry Kingの音を定義する25以上の微調整されたKerry King風のプリセット
  • 「Studio」「Live」「Custom」の3つの異なるキャビネット録音オプション
  • 「Studio」には5種類のミックス対応マイクの組み合わせがあり「Live」にはケリーキングのライブ設定が2つのマイクの1つの設定としてあり「Custom」には自由に組み合わせる7つの異なるマイクが選択可能
  • キャビネットとマイクのオプションは「Studio」と「Live」の写真とグラフィックで表示。「Custom」では、各マイクはパン、ボリュームフェーダー、オン/オフ、フェーズを含むスタジオチャンネルストリップとして制御

通常16,300円のところ、10,800円となっています。

購入はこちら

関連セール:Softubeが最大54%OFFとなるセールを開催!

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。