シンセベースを再定義する音源ライブラリ、Heavyocity「Mosaic Bass」リリース!

シンセベースを再定義する音源ライブラリ、Heavyocity「Mosaic Bass」リリースです。

Heavyocity「Mosaic Bass」

Mosaicシリーズは、作曲家の創造性を維持するために考案されました。各インストゥルメントには、基礎となる要素のユニークなセットが用意されており、それらを組み合わせて、映画のような豊かなテクスチャーに重ね合わせることができるように設計されています。

Mosaic Bassは、シンセ・ベースの再定義であり、インスピレーションに満ちたソースのパレットからダイナミックなローエンドの基礎を作ることができます。

唸るようなサンプリングされたシンセと鮮やかなオーガニックアタックを組み合わせたMosaic Bassは、低音域の可能性を再構築します。110種類以上のソースと無限の組み合わせで、あなたの次のプロジェクトをボトムアップから構築しましょう。

Mosaic Keysはエレクトリックキーのコンテンツを提供していますが、この楽器の真のパワーは、Mosaic Engineの3つのチャンネルにこれらのソースを重ねることで生まれるスリリングな組み合わせにあります。リズミック、リリカル、スパース、エモーショナル、ダイナミック。可能性は無限大です。特に、Mosaic Bassには200近くの丁寧に作られたスナップショットが収録されています。

  • シンセ・ベース + オーガニック・アタック + ノイズ・レイヤーがダイナミックなローエンド・テクスチャーを生み出します。
  • ユニークなカスタマイズのためにデザインされたインスパイアされたソースのパレット。
  • 約200種類のスナップショットプリセットを収録。
  • 非圧縮で3.04GB(NIロスレス圧縮でディスク上は2.34GB
  • 110種類のソース(1,094サンプル
  • 35 シンセ
  • 10個のサブ
  • 35 ドローン
  • 10のノイズレイヤー
  • 20アタックレイヤー
  • 直感的なサンプルブラウザ
  • 複雑でリズミカルなアルペジオを構築するためのARP
  • ダイナミックマルチパラメータ制御用MACROノブ
  • スタンドアロン、VST、AU、AAX

Kontakt Player(無料)に対応しています。

通常12,700円のところ、10,600円となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。