【無料】Kawai K1mをエミュレートした、Nils Schneider「Nils K1v」無償配布開始!

Kawai K1mをエミュレートした、Nils Schneider「Nils K1v」無償配布開始となっています。

Nils Schneider「Nils K1v」

80年代のKawai製シンセサイザー、K1mを正確にエミュレートしています。

実機の音源形式はVM音源が採用されています。VM音源とは、倍音合成で作成された波形と、PCM波形を組み合わせたものです。

  • 全てのパラメーターを正確にエミュレート
  • 検索機能付き768プリセット、オリジナル・ファクトリー・バンク+全ROMカードを収録
  • 完全なエディットをサポート
  • 元のデバイスからSysExのプリセットとバンクをインポート/エクスポート可能
  • パラメータの変更をSysEx経由で送受信し、ハードウェアのエディタとして、または外部エディタで編集可能
  • サイズ変更可能なUI
  • フルオートメーション対応
  • 768種類のプリセットはすべて編集可能で、プロジェクトの一部として保存可能
  • 8bitシンセサイズエンジン
  • Voiceごとに4つのソース
  • 256波形、128倍音の204加算波形+52PCM波形
  • DADSRエンベロープ
  • 8つの速度曲線
  • 粗調&微調、調整可能なキー・トラッキング、多くのモジュレーション・オプション
  • ソース1&2と3&4間のAM(リングモジュレーター)
  • オートベンド
  • 5つの主要なスケーリングカーブ
  • triangle、square、saw、randam shapeをサポートする1つのLFO
  • リアルタイム制御のためのジョイスティック

参考記事:Nils Schneider Nils K1vレビュー

プラグインのダウンロードは無料ですが、寄付も可能です。気に入ったら是非。

Windowsのみ対応です。

ダウンロードはこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。