キャラクターコンプレッサー、Aberrant DSP「ShapeShifter」リリース!

キャラクターコンプレッサー、Aberrant DSP「ShapeShifter」リリースです。

Aberrant DSP「ShapeShifter」

同社のプラグイン「SketchCassette」のNR CompアルゴリズムにインスパイアされたShapeShifterは、サウンドシェイプを完全に変える、他に類を見ないダイナミクス・リモデラーであり、キャラクター・コンプレッサーです。

マルチバンドのアップワード/ダウンワードコンプレッションをブレンドし、サウンドに色、ボディ、グリットを加えるためのツールボックスに成形します。

これは、微妙なバイブブーストから、吹っ飛んだような荒々しい殺戮まで、何でも形にすることができます。

特徴

  • 上向き/下向き圧縮は共通の比率で制御される
  • レシオとスレッショルドのコントロールを備えたトランジェント・セクションでは、ダウンワードコンプレッションを個別にコントロール
  • アップワードコンプレッション ルームサウンドや不要なノイズを調整するためのフロアコントロール
  • アタック&リリース・タイム・コントロールによる柔軟なエンベロープ・シェイピング
  • カラーやキャラクターのシフトが大きい場合のトーン調整
  • 2つのモデルを搭載したワイドなドライブコントロール。A(ジェントル)とB(ハード)
  • 偶数次のハーモニクスを使用して、より過酷でグリットのあるドライブテクスチャを実現するためのアシンメトリー制御
  • 並列処理が容易なドライ/ウェットミキサー
  • 64種類の純正プリセットを搭載したカスタムプリセットシステムで、シェイプシフターの多様性をアピール

価格は$20となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。