ダイナミックディレイプラグイン、Initial Audio「Dynamic Delay」リリース!

ダイナミックディレイプラグイン、Initial Audio「Dynamic Delay」リリースです。

Dynamic Delay

生成されたディレイのラウドネスをダッキングするサイドチェーンを内蔵。

インプットされたオーディオがスレッショルドを下回ると、ディレイがはっきりと聞こえるようになります。

これは多くのプロのプロデューサーが使用しているトリックですが、シグナルチェーンのセットアップに時間がかかり、通常は別のサイドチェーンコンプレッサーが必要になります。

Dynamic Delayはこのテクニックを使いやすいプラグインにまとめ、時間とコストを節約できます。

  • ダイナミック・ディレイ – ディレイを聴き始めたいレベルでスレッショルドを設定
  • 高品質なエフェクト – ローカット、ハイカット、ディチューン、リバーブ、ディストーション
  • ステレオディレイ – 左右のチャンネルで異なるレートとフィードバック量を設定可能
  • 高精細なリサイズ可能なGUI

通常8,400円のところ、イントロプライスで2,600円となっています。

購入はこちら

Initial Audioセール一覧はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。