簡単な操作でパンチのあるパラレルコンプレッションが可能なプラグイン、Baby Audio「Parallel Aggressor」リリース!

簡単な操作でパンチのあるパラレルコンプレッションが可能なプラグイン、Baby Audio「Parallel Aggressor」リリース!

Parallel Aggressor

パラレルプロセッシングは、”ビッグ “なミックスサウンドを得るための基本的な役割を果たします。

同じトラックの複数のコピーを処理してブレンドすることで、より自然なサウンドでミックスにパンチを加えることができます。

同じトラックの複数のコピーを、それぞれが特定の仕事をすることに集中して処理することで、1つのコピーを単独で処理するよりも、より多くの成果を得ることができます。

Parallel Aggressorは、このシンプルなコンセプトに基づいています。このプラグインは、あなたのオーディオを3つの等しい部分に分割します。

  • Dry – オリジナルの信号
  • Spank – 重くコンプレッションされた複製
  • Heat – サチュレーションの高い複製

3つに分割されたものの量を調整して最適なパラレルコンプレッションを最短で実現します。

  • メインレベルミキサーからの 3 つのパラレルシグナルのバランスを調整します。
  • Spank と Heat ノブを使って、 パラレルエンジンのパワーをダイヤルアップします。
  • どのようなオーディオシグナルでも、メーターを使って適切な量の Spank と Heat を設定することができます(メインの Spank/Heat ノブをオレンジ色のラインの手前でピークを迎えるまで回してください)。メインの Spank/Heat ノブをオレンジ色のラインの手前でピークを迎えるまでダイヤルしてください)。
  • スタイルノブは、パラレルエンジンに望ましいサウンドフレーバーを注入します。一度に複数のエンジンを作動させることができます。
  • ソロボタンでは、各パラレルシグナルを個別にモニターして微調整することができます。
  • Auto Gain をオンにすると、入力レベルにほぼマッチした一貫したプラグイン出力を得ることができます。
  • Output はグローバルな出力レベルを設定します(オートゲイン後)。
  • 左上のアイコンをクリックすると、3種類のカラースキームを切り替えることができます。

25種類のプリセットが用意されています。

通常5,100円のところ、3,000円となっています。

購入はこちら

Baby Audioバンドルはこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。