ハードウェアの質感を忠実に再現するデュアルダイオードコンプレッサー、KUSH「SILIKA」リリース!

ハードウェアの質感を忠実に再現するデュアルダイオードコンプレッサー、KUSH「SILIKA」リリースです。

SILIKA

プラグインゲームに9年携わってきたKushは、少なくとも美しくクリップするヴィンテージコンプレッサーのある特定のフレーバーについては、アナログとデジタルのギャップを完全に埋めたと言っても過言ではありません。SILIKAは「近い」のではなく、「違うけど同じくらい良い」のでもありません。モデルとなっているハードウエアと「音的に同一」なのです。

Silikaは、ダイオード・サチュレーション/ディストーション・ステージとコンプレッサーを組み合わせたものです。

信号はまずダイオードステージに入りますが、これは1973年のADR Compexの入出力トランスと1969年のNeve 2254ダイオードブリッジゲインリダクション回路のエミュレーションに基づいています。

価格は$99となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。