【DAW】次世代DAW Steinberg「Cubase 11」リリース!

次世代DAW Steinberg「Cubase 11」リリースです。

Cubase 11

Cubase 11になり、サンプラートラック機能、スケールエディター機能、オーディオミックスダウン機能が大幅にパワーアップ。かなり実用的な進化を果たしています。

新しいプラグインの追加や、機能向上によりサードパーティのプラグイン無しでもかなりハイクオリティなトラックが制作できるでしょう。

Cubase 11の新機能

  • サンプラートラック機能の向上
  • グローバルトラック
  • スケールアシスタント
  • オーディオミックスダウン機能の向上
  • Frequency2 ダイナミックモード
  • Imager
  • Supervision
  • SpectraLayers One
  • Cubase Artist に VariAudio3 が搭載

サンプラートラック機能の向上

従来のサンプラートラックに加え、スライス機能が追加され、サンプリングしたオーディオをワンクリックでスライスできるようになりました。

また、2つの LFO が搭載され、ピッチ、フィルター、ボリューム、パンへの適用が可能となるなど、サンプラーとしての利便性が大幅に向上しています。

スケールアシスタント

キーエディター上で打ち込みを行う際、エディター全体で単一のスケール、もしくはコードトラックに沿ったスケールの表示が可能となりました。

スケールアシスタント内の設定で、スケール内の音のみを選択できる状態にしたり、MIDI キーなどでどこの鍵盤を弾いてもスケールに沿った音のみが鳴る状態にすることなどが可能です。

また、コード構成音、スケール上にある音、スケールアウトした音でそれぞれ色分けすることが出来ます。

新プラグイン

Frequency 2

より良いミックスを得るために、数多くのメリットを持つダイナミックイコライザー。ついにこの威力を Cubase 標準で味わうことができます。Frequency 2 には8バンドそれぞれに Dynamic モードを追加しました。入力信号によりフィルターノードを制御し、極めて正確なダイナミックミキシングを実現します。さらに VST 3 の複数のサイドチェーンに対応した Cubase 11 ならば、それぞれのバンドに異なるサイドチェーンを設定することも可能です。

Squasher

エレクトロニックダンスプロデューサーなら Squasher が必携! 最大3バンドに対しアップダウンコンプレッションを組み合わせられるこのダイナミクスツールは多くの場面でとても力になります。リードサウンドをミックスで際立たせたり、攻撃的なベースラインを手なずけたり、かすかなリバーブで彩ったり。驚くほど簡単に扱え、すばらしい音を生み出すツールです。

Imager

よりクリーンなミックスを得るためのもう一つの強い味方、マルチバンドイメージャー。ステレオトラックを最大4バンドの帯域ごとに制御し、ステレオ幅を広げたり狭めたりすることができます。独立したスコープと相関性ディスプレイを使って完璧なパンニングを得ることができます。

SuperVision

プロフェッショナルな制作に欠かせなくなる、フルカスタマイズ可能なマルチメーター解析ツール。レベル / 周波数分布 / 位相 / 波形解析のための様々なモジュールを最大9スロットまで自由にレイアウトし、あなたのサウンドを正確に視覚化することができます。

オーディオミックスダウン機能の向上 [Pro]

オーディオミックスダウン書出しの際に、複数の設定での同時書出しが可能になりました。

異なるフォーマットのステムファイルの書き出しを一括で行う際などに時短できる機能となります。

新しいサンプルセット付属

6つの新しいサウンド&ループセットで曲作りのインスピレーションを。グラミー受賞プロデューサー Beat Butcha によるヒップホップパック、ハリウッドで活躍するサウンドデザイナー Robert Dudzic によるシネマチックな Noir パック、そして Black Octopus Sound による Lo-fi hip hop、Dancefloor Tech House、Vocal lines、’80s Synth Wave が揃います。

機能まとめ

  • オーディオ書き出し 書き出しキューにより時間を節約
  • Sampler Track 2 スライス / LFO / レガートグライドを追加
  • スケールアシスタント 設定したスケールでの再生 / クォンタイズ / リアルタイム演奏
  • 進化したキーエディター 高度なピッチベンドの作成など
  • グローバルトラック キーエディターで曲の情報を一望
  • Frequency 2 正確なダイナミック EQ を搭載
  • Squasher リードやベースを彩る EDM 向けプラグイン
  • スコアエディター ワークフローの改良と新しいフォント
  • サンプルコンテンツ  フレッシュな6つのサウンド&ループセット
  • SuperVision カスタマイズ自在なメータリングツール
  • Imager 音の広がりを制御するマルチバンドステレオイメージャー
  • MultiTap Delay サラウンド 5.1 サラウンドに対応
  • Windows 10 可変DPI より多くのスケーリングに対応
  • Cubase Artists/Elementsの機能向上 最上位グレードの機能を移植
  • マルチサイドチェーン 入力アーキテクチャーの改良
  • Eucon 対応 最新 Avid コンソールに対応
  • VST Connect SE 5 リサイズ / HiDPI に対応した最新世代リモートレコーディング機能
  • ワークフローと UI の改良 作業をより効率的で簡潔に
  • Apple Metal アクセラレーション Mac でのグラフィックを高速化
  • SpectraLayers One オーディオの視覚的編集とパート分離

また、これまで Cubase Pro にのみ搭載されていた「VariAudio 3」がCubase Artistにも搭載され,
ARA2にも対応。

Pro/Artist での機能の差はなく、すべての機能を使用することが可能となりました。

購入はこちら

Cubase Pro 11

新規購入は、59,180円(887ポイント付)となっています。

Cubase Pro 11

Cubase Pro 11 (DL版)

他社製DAWからの乗り換えクロスグレードは、38,280円(574ポイント付)となっています。

Cubase Pro 11 クロスグレード版

Cubase Pro 11 クロスグレード版(DL版)

アカデミック版は、38,280円(574ポイント付)となっています。※ (日本国内の教育機関や教職員、学生の方を対象)

Cubase Pro 11 アカデミック版

Cubase Pro 11 アカデミック版(DL版)

Cubase Artist 11

新規購入は、31,680円(475ポイント付)となっています。

Cubase Artist 11

Cubase Artist 11(DL版)

アカデミック版は、16,280円(244ポイント付)となっています。※ (日本国内の教育機関や教職員、学生の方を対象)

Cubase Artist 11 アカデミック版

Cubase Artist 11 アカデミック版(DL版)

Cubase Elements 11

新規購入は、13,200円(198ポイント付)となっています。

Cubase Elements 11

Cubase Elements 11(DL版)

アカデミック版は、7,700円(115ポイント付)となっています。※ (日本国内の教育機関や教職員、学生の方を対象)

Cubase Elements 11 アカデミック版

Cubase Elements 11 アカデミック版(DL版)

旧バージョンからのアップグレードは公式サイトから

Cubase10.5は、11,000円、その他バージョンからは18,150円~となっています。

Steinberg公式サイト

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。