ソビエトのワイヤーレコーダーを正確にモデル化したプラグイン、AudioThing「Wires」リリース!

ソビエトのワイヤーレコーダーを正確にモデル化したプラグイン、AudioThing「Wires」リリースです。

Wires

Wiresは、1970年代のソビエトのワイヤーレコーダーを正確にモデル化し、改良したものです。

もともとは、鉄のカーテンの向こう側で軍やシークレットサービスが使用するために作られたものでしたが、数人の前衛的なミュージシャンの手にかかれば、魔法のようなローファイツールやゴーストのようなエコーマシンになりました。

この希少で操作性に優れたハードウェアが、忠実でありながらもモダンなプラグインとして初めて利用可能になりました。

あなたのオーディオをナンバーズステーションや秘密の操作の世界に変えたり、珍しいエコーにダビングしたり、ロフィービートを作って勉強したりしてみましょう。

  • 磁性線エミュレーション
  • エコーセクション
  • オリジナルスピーカーとマイクエミュレーション
  • スタートとストップの効果
  • エンベロープを用いたヒスノイズとモーターノイズ
  • サイズ変更可能なウィンドウ
  • ランダマイザー機能を備えたプリセットシステム

通常6,000円のところ、4,000円となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。