リファレンスに近づける視認性に優れたプラグイン、Mastering The Mix「REFERENCE 2」リリース!イントロプライス25%OFF!

リファレンスに近づける視認性に優れたプラグイン、Mastering The Mix「REFERENCE 2」リリースです。イントロプライス25%OFFとなっています。

REFERENCE 2

ミックスの音がリファレンストラックよりも良くないと感じたことはありませんか?

どうすればお気に入りのミックスに匹敵する音楽を作ることができるのかがわからず、イライラすることもあるでしょう。

そこでMastering The Mixは「REFERENCE」を開発しました。

パワフルなツールと今までにない洞察力が詰まっており、お気に入りの音楽のサウンドに今まで以上に近づくことができます。

主な特徴

  • ミックスやマスターを最大12のリファレンストラックと比較し、複数のループを作成することで、トラックの様々なセクションとリファレンスを素早く比較することができます。
  • あなたのトラックとリファレンストラックのラウドネスを瞬時に正確にマッチングさせます。これは、公平な比較を行うために、また、サウンドをどのように形成するかについて情報に基づいた決定を下すために非常に重要です。
  • リファレンストラックのトゥルーピーク、ラウドネス、EQバランス、パンチ、ステレオワイドをこれまで以上に簡単にマッチングさせるための視覚的で実用的な洞察。
  • REFSENDと呼ばれる追加のソース・プラグインが含まれており、FXチェーン全体をバイパスしてラウドネスをマッチさせたA/B比較を行うことができます。

使い方

1. リファレンスのロード

REFERENCE のインスタンスをマスターバスの最後のプラグインとしてロードします。

REFERENCE は、メータリングプラグインの後、スピーカーやヘッドフォンのキャリブレーションソフトウェア(使用している場合)の前に置かれているはずです。

使用するリファレンストラックをWave Transportにドラッグ&ドロップします。

2. レベルマッチ

ミックスはリファレンストラックよりもはるかに静かで、低音が弱く、高音域の明瞭度が低いと誤解されている可能性が高いでしょう。

Level Match ボタンを押すと、バイアスをかけずにリファレンストラックとミックスを比較することができ、十分な情報に基づいたミキシングの決定を下すことができます。

3. 洞察力を得る

Trinity Display のビジュアルは、EQ バランス、ステレオ幅、コンプレッションがリファレンストラックとどのように比較されているかを示しています。

また、クリックして周波数帯域をソロにすることもできます。

購入はこちら

通常6,300円のところ、4,700円となっています。

購入はこちら

関連セール:Youtube・Apple Music・Spotify等にアップロードした際のエンコードによる音質劣化を検出するソフト、Mastering The Mix「Expose」が48%OFF!

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。