8つのレイヤーを組み合わせるサウンドツール、Audiofier「Xtyles」リリース!

8つのレイヤーを組み合わせるサウンドツール、Audiofier「Xtyles」リリースです。

Xtyles

Xtylesには8つのレイヤーのループが用意されており、スライスレベルでランダムに設定が可能です。

メジャーバージョンとマイナーバージョンが用意されており、これらのループは楽曲に沿って、メロディ、リズム、サウンドの即興演奏でトラックにスパイスを与えます。

Xtylesは、あらかじめ定義された8つの “Xtyles “に従って、またはユーザーの好みに応じてループの組み合わせを生成し、4つの “Xtyles “に保存することができます。

ユーザーは、ループの組み合わせやサウンドの選択を含む最大8つの “シーン “をその場で呼び出すことができ、あらゆる曲構成に最適な進化したアレンジを作成することが可能。

色分けされたキースイッチにより、小節の細分化された範囲内でも、各ループをトリガーしたり、各ループのキーとモード(メジャーマイナー)を簡単に変更することができます。

また、ユーザーはキーを押すだけで「即興演奏」を指令したり、新しいループの組み合わせでシーンを完全に変えたりすることも可能です。

  • 20のカテゴリーで構成された640のループをメジャーとマイナーのバージョンで紹介
  • ピッチに応じてマップされたループは、任意のキーに追従可能
  • シーンごとに最大8層、リコール可能な8シーン(キースイッチ経由)
  • 新しいループの組み合わせを生成する8つの定義済みXtyles
  • 新しいループの組み合わせを生成するための4つのユーザーXtyles
  • ステップシーケンスごとにレイヤーごとに最大32のサウンド
  • 32のサウンドシーケンスプリセット
  • 32のループシーケンスプリセット
  • レイヤーごとの独立したピッチ
  • 30種類のプリセット Snasphots

通常$59のところ、イントロプライスで$45となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。