【無料】アナログとデジタルのインターフェイスを搭載した、スペクトラムアナライザープラグイン、HoRNet「Freqs」無償配布開始!

アナログとデジタルのインターフェイスを搭載した、スペクトラムアナライザープラグイン、HoRNet「Freqs」無償配布開始です。

HoRNet「Freqs」

HoRNet Freqsは、オーディオのスペクトルを2つの異なる種類の可視化を提供するスペクトルアナライザです。

1つ目は “アナログ “と呼ばれ、今日でも多くのレコーディングスタジオのマスターに搭載されているアナログハードウェアのスペクトルアナライザにインスパイアされています。

もう一つは “デジタル “と呼ばれるもので、FFT(オーディオファイルをそのスペクトル成分に変換するための標準的な数学)に基づいた典型的なスペクトラムアナライザを我々が独自に開発したものです。

FreqsのGUIは完全にリサイズ可能で、ハードウェアアクセラレーションによる描画のおかげで、どのディスプレイ上でも鮮明で滑らかです。

このプラグインは、スペクトラム・アナライザーで表示されるレベルの積分時間や範囲を変更することができ、オリジナルのハードウェア・ユニットでは利用できなかったピーク・ホールド機能も提供します。

Freqsは、ステレオ信号の “mid”(または和)部分と “side”(または差)部分の両方を表示し、問題のある周波数を分離するのに役立ちます。

  • アナログとデジタルの2つの異なるスペクトルビュー
  • 選択可能なdBsの範囲
  • 3つの異なる統合時間
  • ピーク表示とリセット
  • プリセットの保存と読み込み
  • GUIはスケーラブルでハードウェアアクセラレーションが可能です。
  • macOS (>=10.9) と Windows (Windows 7 以降) をサポート。
  • MacとWindows用の64ビットプラグイン。
  • オーディオユニットVST2.4、VST3、AAXフォーマットに対応。

ダウンロードはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。