Absynthの開発者が作成したフィジカルモデリングシンセサイザー、Rhizomatic Software Synthesis Plasmonic「Plasmonic」リリース!

Absynthの開発者が作成したフィジカルモデリングシンセサイザー、Rhizomatic Software Synthesis Plasmonic「Plasmonic」リリースです。

Plasmonic

私が目指しているのは、Plasmonicがアコースティック楽器の深みとディテールに近づけることであり、同時に音を何でも簡単に形にすることができるようにすることです。

深いモジュレーション機能とMPEのサポートにより、非常に演奏性が高く、表現力豊かな楽器となっています。

Plasmonicの心臓部は、自己発振型ディレイベースのウェイブガイド/マルチモード・ラダー・フィルター・ペアで、並列または直列に構成することができます。

各フィルターは、オーディオソースの任意の組み合わせを入力として取り込むことができます。これにより、オーディオソースと導波管のフィードバックループの間に非常に興味深い相互作用が生まれます。

オーディオソースには、2つのウェーブテーブルオシレーター、サンプルベースのインパルスジェネレーター(内蔵サンプルのみ)、フィルタリングされたノイズジェネレーターがあります。

両方のオシレーターは、導波管をきれいに補完する波形変換を持っています。インパルス発生器は、特に導波路をリング状にするのに適しています。

モジュレーションは深みがあり、サウンドにディテールと生命感を簡単に加えることができます。各パラメーターには、各モジュレーションソースの深さ、極性、反転を表示するポップアップパネルが用意されており、これまでにないコントロールが可能です。

モジュレーション・セクションの開発はどんどん進化していますが、できるだけ楽しく柔軟なものにしていきたいと思っています。

マスター・セクションには、3バンドEQ、ポリフォニックまたはモノフォニックに対応したサチュレーター、モジュレーションされたディレイ・エフェクト、最終的なレゾネーター・エフェクトが搭載されています。ウェーブガイドと同様に、ディレイエフェクトは自己発振が可能で、あらゆる種類の音を騒がせることができます。

MPEにも対応しています。

関連記事:【PR】ROLI Seaboard RISE 25レビュー

通常17,500円のところ、11,600円となっています。

購入はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。