DI(ダイレクトボックス)エミュレーションプラグイン、United Plugins「DIFIX」リリース!

DI(ダイレクトボックス)エミュレーションプラグイン、United Plugins「DIFIX」リリースです。

DIFIX

多くのサウンドカードは、Hi-Zのインストゥルメントインプットを搭載していると主張しています。

しかし実際には、入力インピーダンスはピックアップを正しく動作させるのに十分なほど高くなく、楽器のシグナルに不愉快な影響を与えてしまいます。

もしあなたがこの種のサウンドカードを使用しているのであれば、直接録音したギターやベースの音を正しく鳴らすためにDIFIXが必要です。

機能

サウンドカードのインストゥルメントインプットは、適切なDIボックスとは異なります。ギターやベースを直接接続すると、録音の輝きが失われ、音が鈍くなってしまうことがあります。DIFIXはマルチバンド・ダイナミック・プロセッサーを使用して音のレベルを調整し、本物のDIボックスを使用しているかのようにアナログ・サチュレーションを少し加えています。

ホームスタジオだけではありません

ほとんどの場合、ホームスタジオで安価なサウンドカードを使って録音する場合には、DIFIXが必要になります。しかし、数百ドルのハードウェアDIを使用しても、あなたはまだ少しの修正が必要な場合があります。問題は「IF」ではなく「HOW MUCH」です。

ファーストステップの修正

最初のステップが間違っていて、すべてのトラックが悪い。DIFIXをギタートラックの最初のプラグインとして挿入する必要があります。入力の不完全さを修正した後は、お気に入りのギターエフェクトやアンプシミュレーションを使用してください。

簡単な操作

1つのGUIにすべての機能が収まっているので、ギターやベースを録音しているかどうかを選択し、DIFIXで入力信号をどれだけ改善するかを決めるだけです。

ギタリストの皆さん、準備はいいですか?

DIFIXはUnited Plugins初のエレキギター/ベース専用エフェクトです。しかし、これが最後ではないことは間違いありません。DIFIXと組み合わせて使用すると、より大きな効果が期待できます。

古いレコードを保存

公正にプレイするために、DIFIXは多くのことを修正することができます。古いレコードを保存したり、リミックスするのに役立ちます。しかし、もしあなたがダイレクトレコーディングに真剣に取り組んでいるのであれば、プロパーのDIボックスを購入して、それと組み合わせてDIFIXを使用してください。

手間のかからないソフトウェア保護

アクティベーションには、iLok、ドングル、インターネットアクセスは必要ありません。United Pluginのソフトウェアは、ライセンスファイルを使用してソフトウェアをアクティベートします。お客様がユーザーである限り、購入したソフトウェアをすべてのコンピュータで自由に使用することができます。

リアルな3Dでありながら、柔軟なGUI

プラグインのフォトリアリスティックなグラフィックユーザーインターフェイスは、あなたが実際のハードウェアに触れている感じを与える. しかし、それは簡単にあなたのニーズに適応します. あなたはいつでも右下の矢印をドラッグしてサイズを変更することができます – 貴重な画面スペースを節約するために小さくしたり、使いやすくするために拡大したりします。

無料で15日間の無制限試用版

すべての説明は、自分でプラグインに手を入れることに比べれば何もありません。保存制限がない。ノイズがない。境界線なし. 実際にあなたのプロジェクトでプラグインを使用して、2週間その力をフルに活用してください。

どのサンプリングレートでも64bitのAudioクオリティ

このプラグインは、あなたが得ることができる最大のオーディオ品質を提供します。内部の64ビットオーディオ処理を使用し、任意のサンプリングレートを扱うことができます。192kHzまたはそれ以上の周波数にも対応します。

スマートバイパス

United Pluginsのインテリジェントなバイパス管理方法により、パラメータを自動化する際にクリック音や有害なノイズが発生しないようになっています。また、バイパス状態が完全に同期していることを保証するために、レイテンシーを補正します。

インテリジェントスリープオンサイレンス

このプラグインは、処理を行うことに意味があるかどうかをインテリジェントに検出します。そうでない場合, それは一時的にスリープモードをオンにします. このような状態では、それはすべての他のプロセスのためのコンピューティングソースを保存し、実質的にはCPUを必要としません。

通常5,100円のところ、2,200円となっています。

購入はこちら

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。