JSTのアンプシミュレーター「Toneforge」シリーズが最大78%OFF!

JSTのアンプシミュレーター「Toneforge」シリーズが最大78%OFFとなっています。

Toneforge Ben Bruce

Asking Alexandriaのリード・ギタリストであるBen Bruceは、その多彩なギター・トーンで知られています。

Asking Alexandriaの各作品から厳選された要素と、Ben Bruceのライブ・セットアップの主要な特徴を組み合わせることで、真新しいToneforgeモデルはAsking Alexandriaのアルバムで聴かれる全ての音域に対応しています。

通常9,200円のところ、1,900円となっています。

購入はこちら

Toneforge Jason Richardson

 

Toneforge Jason Richardsonは、最もメタルなギター・トーンのソリューションです。

3つの新鮮なギター・アンプ・デザイン、2つのカスタム・キャブ・キャプチャー、3つのクリエイティブなペダル・ベースのエフェクトを提供します。

Joey Sturgis氏によって開発されたToneforgeシリーズは、細心の注意を払って作られたバーチャル・ギター(他のモデルではベース・リグも)とミキシング・ツールを組み合わせたシリーズで、直接のギター入力から最終的なミックス・ギター・トーンまでを可能にするように設計されています。

通常9,200円のところ、1,900円となっています。

購入はこちら

Toneforge Guilty Pleasure

Toneforgeは、ギターの直接入力から最終ミックスのギター・トーンまで、細心の注意を払って作られたバーチャル・ギター&ベース・リグのシリーズで、ギター・トーンをシンプルにしたものです。

ハイゲインのギター・トーンを生み出すことを目的としたペダル、アンプ、キャビネットのユニークなブレンドです。

アンプとエフェクトは、このプラグインから悪い音を出すことはほとんど不可能な方法で連携しています。

このプラグインに含まれるすべてのものは、究極のハイゲイン・ギター・トーンを生み出すために連携して動作するように設計されています。

通常9,200円のところ、1,900円となっています。

購入はこちら

Toneforge Menace

Toneforgeは、Joey Sturgisがデザインしたミキシング・ツールを使用して、ダイレクト・インプットからファイナル・ミックスまでの全ての操作を行うことができるようにデザインされたバーチャル・ギター&ベース・リグのシリーズです。

今後発売される多くのモデルの第一弾となるMenaceは、ギターのリードやリフをパワフルに操るアグレッシブなメタル・アンプです。

シグナル・チェーン内で独自のキャブ/マイク・セットアップをシミュレートするためのインパルス・レスポンス・ローダーも内蔵されています。

通常9,200円のところ、1,900円となっています。

購入はこちら

JSTセール一覧

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ゆにばす

シンセサイザーを使って音楽制作してます。ゲーム音楽をはじめとする電子音楽大好きです。シンセやゲームを主題にしたブログもやってます。 DTM・シンセサイザーなど音楽制作に関わるセール情報・ニュースを発信するサイトも運営中。